独立記念日ホリデーの旅行者最多記録

独立記念日ホリデーの旅行者最多記録

CA州で500万人超、目的地#1はSD

2017年7月5日

AAA 南カリフォルニア・オートモービル・クラブの調査によると、今年の独立記念日ホリデー (6月30日〜7月4日) に自宅から50マイル以上の旅行に出かけたカリフォルニア州民は500万人超と推計され、2002年の最多記録497万5千人を凌いだ。

この休暇期間に旅行した南カリフォルニアの住民は約310万人と推計され、これも最多を記録した2002年の約308万人を上回る。

バケーションを過ごす人気の目的地第1位はサンディエゴで、以下ラスベガス、サンフランシスコ、グランドキャニオン、サンタバーバラと続く。

旅行者の79%は自家用車やレンタカーを使用する “陸路派” で前年比2.7%上昇。

一方、旅客機を利用する “空路派” は前年比5.6%と大幅増を示した。

旅行者増加の背景には、カリフォルニア州全体で景気好転による雇用回復がみられ、賃金上昇により州民に可処分所得が生じたこと、さらに数週間続いているガソリン小売価格の低下 (SDでは1ガロン$3を切る) の恩恵が働いているとみられる。


(2017年7月16日号掲載)