2020年国勢調査、全米で白人初の減少 SD市の人口、国内都市8番目、多様化進む

2021年8月14日

米国勢調査局は8月12日、2020年に実施した10年に一度の国勢調査をめぐる詳細結果を発表し、前回調査に比べて白人 (中南米系のヒスパニック除く) が減り全人口に占める割合が60%を下回った

AP通信によると、1790年の調査開始以来白人の減少は初めて

ヒスパニックやアジア系、複数の人種と認識する人が増えており、米社会の多様化が一層進んだことを浮き彫りにした。
 

米主要メディアによると、全米の非ヒスパニックの白人は10年前より約500万人、2.6%減少した。

多数派は維持したが、割合は63.7%から57.8%に落ち、過去最低となった。

出生率の低下が影響しているもよう。
 


今回の調査では都市部の人口増加も顕著となった。

政権奪還を狙う共和党は農村部の白人を支持基盤としており逆風になる可能性が出ている。
 

国勢調査によって各州に割り当てられる連邦下院の議席数も決定。

各州で下院の選挙結果を左右する区割りの設定作業が始まり、民主、共和両党の駆け引きが激化する。
 


米人口は10年前から7.4%増えて3億3,144万9,281人

史上2番目に低い伸び率だったが、ヒスパニックは23%増えた。

APによると、カリフォルニア州ではヒスパニックが39.4%となり、34.7%の白人を初めて超えた。
 

一方、2つ以上の人種に属すると認識している人は10年前の900万人から3倍以上の3,380万人に増加し、全米人口の約10%となった。

アイデンティティーの多様化が白人の減少に影響している可能性もありそうだ。


2020年国勢調査の公式データによると、都市別の人口ランキングで、サンディエゴ市は前回調査と同じ8番目、カウンティ別ではサンディエゴ郡が10年前と同じく全米で5番目だった。

サンディエゴ市の人口は2020年4月1日時点で138万6,932人となり、2010年の130万7,402人から6.1%増加した。

全米都市別の人口トップ10は以下の通り (カッコ内は2010年比の増減率)。

① NY 8,804,190 (+7.7%)
② LA 3,898,747 (+2.8%)
③ シカゴ 2,746,388 (+1.9%)
④ ヒューストン 2,304,580 (+9.8%)
⑤ フェニックス 1,608,139 (+11.2%)
⑥ フィラデルフィア 1,603,797 (+5.1%)
⑦ サンアントニオ 1,434,625 (+8.1%)
⑧ SD 1,386,932 (+6.1%)
⑨ ダラス 1,304,379 (+8.9%)
⑩ サンノゼ 1,013,240 (+7.1%)。
 

全米郡別の人口ランキングでは、サンディエゴ郡329万8,634人で、2010年の309万5,313人から6.6%増となった。

1位は唯一1千万人を突破したロサンゼルス郡で、イリノイ州クック郡、テキサス州ハリス郡、アリゾナ州マリコパ郡と続き、サンディエゴ郡は5位

4位のマリコパ郡はサンディエゴ郡より100万人以上多く、6位のオレンジ郡は10万人ほど少なかった。


国勢調査局の発表によると、2010年から2020年にかけて、米国の全郡の半数以上が人口を減少させており、増加のほとんどは、全米人口の86%を占める大都市圏で起きている。

サンディエゴ郡も多様化しており、白人と自認している人口比率は、10年前の64.0%から49.5%に減少した。



(2021年9月1号掲載)