牧田投手、日本復帰も視野

牧田投手、日本復帰も視野

マイナーの今季終了

2019年9月4日

大リーグのパドレス傘下AAAエルパソ・チワワズに所属している牧田和久投手 (34) は9月2日、2年契約の2年目だった今季のマイナーでの全日程を終え、今後について「全く決まっていない。 (日本のプロ野球も) 視野には入れている」と明らかにした。

日本球界に復帰する場合は、古巣の西武・ライオンズなどが獲得に乗り出すとみられる。

牧田投手はポスティングシステムでサンディエゴ・パドレスに移籍。昨季はメジャー27試合で防御率5.40と好結果を残せず、オフにメジャー出場の前提となる40人枠から外れて戦力外となった。

今季は3Aと2Aで計43試合に投げて6勝3敗3セーブ、防御率3.33だった。



(2019年9月16日号掲載)