任天堂の3月期連結決算、純利益6.2倍

任天堂の3月期連結決算、純利益6.2倍

「ポケモンGO」 やマリナーズ球団売却で

2017年4月27日

任天堂が4月27日に発表した2017年3月期連結決算は純利益が前期の約6.2倍の1025億円だった。

大リーグ、マリナーズの運営会社の売却益が貢献し、大幅増益となった。

関連会社の手掛けるスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO (ゴー)」 の世界的ヒットも利益を押し上げた。

売上高は、家庭用ゲーム機「Wii U (ウィー・ユー)」の販売不振が響き、3.0%減の4890億円だった。

本業の儲けを示す営業利益も10.7%減の293億円にとどまった。

3月3日に発売した新型家庭用ゲーム機 「ニンテンドースイッチ」の販売台数は274万台と好調な滑り出しとなり、2018年3月期は1000万台を目標とする。

国内で品薄状態が続いていることに対し、記者会見した君島達己社長は「需要に応えられるような生産体制を取りたい」と述べた。

スイッチ向けのソフトも順次発売する計画で、2018年3月期の売上高は9期ぶりの増収となる53.3%増の7500億円を予想。

純利益は球団売却益の特殊要因がなくなるため56.1%減の450億円を見込む。

任天堂は同日、長年ゲーム機開発の指揮を執ってきた竹田玄洋氏が代表取締役を6月29日に退任すると発表した。


(2017年5月16日号掲載)