sibuya top
 
    渋谷 昌治

英語講師

1966年第11回高松宮杯全日本英語弁論大会優勝、早稲田大学主催全日本学生英語弁論大会優勝。1969年明治学院大学英文学部音声学科卒業。同年東京 アナウンスアカデミー卒業。
日本では、オールナイトニッポンのDJとして活躍。
1969年留学のため渡米。1974年よりサンディエゴに定住。
1976年 「ショージ英会話教室」を開校。


ご質問、ご連絡はこちらまで  
 
column line text932
 
 

Should を使った仮定法未来

仮定法未来の公式は、

If +主語+should +動詞の原型~,主語+助動詞+動詞の原型~.(又は) 主語+動詞の現在形~.」で、

If節の「should」 は「万が一」と訳し、

大事なことは、その表している内容が「未来の万分の一の確立の仮定」であるということです。

例えば、

「I don't think it will snow in San Diego, but if it should snow, I would be surprised.

(サンディエゴで雪は降らないと思いますが、もし万が一、雪が降ったら、私はびっくりするでしょう。)」の文で説明すれば、

サンディエゴで雪が降る確立は非常に少ないが、ゼロであるわけではない。

未来において雪が降る可能性は万分の一でもあります。

従って、

「If the president of the United States should die, the vice-president becomes the president.

(もし万が一、アメリカの大統領が死んだら、副大統領が大統領になります。)」の文では、

アメリカの大統領が現役で死ぬ可能性は、非常に薄いが、ゼロではないということを表しています。

 

では、練習しましょう。次の文を英語に訳して下さい。

問題:

  1. 私は試験に合格するだろうと思いますが、もし万が一落ちたら両親は何と言うだろうか?
  2. たとえ万が一雪が降っても、私は行きます。
  3. もし万が一大きな地震がこの町を襲ったら、どうしますか?


正解:

  1. I think I will pass the test, but if I should fail, what would my parents say?
  2. Even if it should snow, I will go.
  3. If a big earthquake should hit this town, what would you do?

 (2020年5月16日号掲載)