sibuya top
shibuya_new3.jpg 渋谷 昌治xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

英語講師

1966年第11回高松宮杯全日本英語弁論大会優勝、早稲田大学主催全日本学生英語弁論大会優勝。
1969年明治学院大学英文学部音声学科卒業。同年東京 アナウンスアカデミー卒業。
日本では、オールナイトニッポンのDJとして活躍。
1969年留学のため渡米。1974年よりサンディエゴに定住。
1976年 「ショージ英会話教室」を開校。


ご質問、ご連絡はこちらまで
column line
9番の雲の上?

今回は「be on cloud nine」という熟語の勉強ですが、これを文字通り「9番の雲の上にいる」と訳してはいけません。

「9」という数字は東洋でも西洋でも、特にギャンブルの世界では、「幸運な数字」とされています
 

例えば、フランスの伝統的なカードゲームの「バカラ」や中国の古くからあるタイルゲームの「牌九」でも「9」という数字が「勝ち目」になっております。

それで「be on cloud nine」は「ラッキーな9番の雲の上にいる」という流れで、今日では 「幸せな気持ちになっている」とか「うきうきしている」という表現になったわけです。

それでは、「be on cloud nine」を使った会話を勉強しましょう。

A:    Dad!  I got an “A” on my American History test.
(お父さん!アメリカの歴史で「A」をもらったよ。)
 

B:    No wonder you have been on cloud nine.
(だから、うきうきしているんだな。)
 

---------------------------------------------------------------------
 

A:    Somebody told me Mr.Tanaka finally found a job.
(誰かが、田中さんがやっと仕事を見つけた、と教えてくれました。)
 

B:    I bet he is on cloud nine.
(きっと、彼はうきうきしているね。)
 

---------------------------------------------------------------------

A:    Did you hear Tom was awarded the first place in the speech contest?
(トムが弁論大会で1位をもらったと聞きましたか?)

B:    No kidding? He must be on cloud nine.
(冗談抜きに?彼はうきうきしているに違いないね。)

(2012年7月16日号掲載)

​