ishiwada


ishiwada new face石和田 貴光

保険エージェント

兵庫県神戸市出身。大学卒業後、新聞社系出版社にて教育広報部、営業企画部を経て、2001年8月25日に渡米。2005年10月にイシワダ保険エージェンシーを設立。カリフォルニア全域をカバーし、医療保険、生命保険、各種年金プランやペンションプランを専門とする。医療保険最大手のAnthem Blue Cross社より、カリフォルニア州 Top 1%の業績が称えられ、Premier Partnerとなる。趣味はランニング、読書。



  ご質問、ご連絡はこちらまで





column line
 

健康管理・健康改善の重要性

       

緊張が高まる中東との関係

年明け早々、一番驚いたニュースは、イラン革命防衛隊の司令官が米軍の空爆によって殺害されたことです。

オバマ政権の時から力を入れて来た中東・ペルシャ湾への調整を行う中、結果的に今回の殺害に繋がった経緯は、事実的なアメリカによる「宣戦布告」とも取られる行為です。

外交とは、ある意味、椅子取りゲームのような影響力という駒を持って、いかに自国が有利に椅子を取ることが出来るかといったゲームのような要素があると思います。

世界平和や、環境対策が声高に叫ばれる中でも、各国の椅子取りゲーム (覇権争い)は人類が存在する限りなくなりません。

とにかく、有事にならない事を祈るばかりです。

 

心と身体の健康管理・健康改善

新しく販売されている医療保険には、健康診断にあたるPreventive Care (予防検診)が年に1度は無料で受けることが出来るベネフィットが盛り込まれています。

2010年3月までに販売されていた古い医療保険(Grand fathered plan)には、健診が無料となるベネフィットは含まれていません。

いずれにしましても、日々の生活を支えてくれるご自身の身体と心の健康管理には出来る限り、大切に向き合っていきましょう。

私自身、若い頃に肉体労働で酷使した関係で、腰と首に爆弾を背負って生活していますが、痛いところをかばって使わないようにすれば、更にその部分は劣化していくことを知り、少しずつリハビリを続け、今では1時間以上ランニングが出来るようになりました。

身体を労わることの大切さは、 自分自身が身体にハンデを背負ってから初めて意識するようになりました。

おそらく、ほとんどの方は、視力が悪くなったり、虫歯があったり等、何かしら身体の不具合や異変と向き合っているはずです。

経済的な豊かさを追い求める生き方も重要な課題かもしれませんが、人には寿命がある訳ですので、限られた人生の時間を楽しむためにも、健康管理・健康改善とは、愚直に向き合っていきましょう。

仕事のし過ぎで倒れることほど、惨めなことはないと、自分自身、働き過ぎで何度も体調を崩してきましたので、最近はそう改心するようになりました。

アメリカの偉大な哲学者・心理学者であるWilliam Jamesは、かつてこう言いました。

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」

健康管理・健康改善を意識した生き方は、その人の運命をも変える効果があると思います。

(2020年2月16日号掲載)