Friday, 12 July 2024

ヘンリー六世/第2幕:反乱と報復

 百年戦争から薔薇 (バラ) 戦争へ 追放された嘆きのイングランド王

Henry 6:Two: Riot and Reckoning    
2024/7/9 (火) 〜 9/15 (日)
The Old Globe Theatre    
https://bit.ly/4a6Md1K

世界初演
ウィリアム・シェイクスピア作
脚色・演出:バリー・エーデルスタイン

グローブ座史上最大のシェイクスピア作品『ヘンリー6世』の『第2幕:反乱と報復』がオールドグローブ座で上演される。

『第1幕:華とフランス』では、ヘンリー6世が幼くしてイングランド王位を継承する。

不意打ちでフランスを征服した父の強力なリーダーシップがないため、イングランドの宮廷は些細ないさかいに終始する。

フランス人は失った領土を取り戻すために武器を取り、イングランドと戦うために神から遣わされたと主張するジョーン・オブ・アークの後ろ盾となる。

ヘンリー王がマーガレット王妃と結婚すると、王位を揺るがす政争の火種となる。

果たしてイングランドは、互いに言い争うのをやめ、団結してフランスを守り抜くことができるのか?

それとも、彼らの内輪もめが、せっかく勝ち取ったフランス領土を失い、国内を混乱に陥れてしまうのか?

高名なシェイクスピア演出家であり、グローブ座のエルナ・フィンチ・ヴィテルビ芸術監督でもあるバリー・エデルスタインが、めったに上演されることのない『ヘンリー六世』第一部、第二部、第三部をスリリングな二部構成にして、美しい屋外劇場で夏まで同時上演する。

これらの翻案には、国政が個人の人生に与える影響を探求しながら、バルドの魅力である荘厳な言葉遣い、生き生きとした登場人物、息をのむような戦い、大群衆のシーンがすべて盛り込まれている。

そして、そのアクションは、最高の技術を誇るデザイン・チームと、プロの俳優と地元のコミュニティ・メンバーからなる幅広いキャストによって彩られている。

オールドグローブ座は、この歴史的な節目を記念して、観客がこれまで以上に芸術を身近に感じられるよう、市を挙げてのアート・エンゲージメントと人文科学に関するイベントを1年間にわたり開催する。

この作品には暴力が含まれている。

◼︎ チケット:$29-$123