2022年 05月 17日
English Japanese

Performing Arts 演劇・ダンス

us news new
 
Pretty Woman プリティー ウーマン
2022年7月26日 (火) ~ 7月31日 (日)
シンデレラストーリーの舞台版 ミュージカル用の新曲も追加

詳しくはこちら
blue line932
Happy 100th Birthday Judy! 生誕100周年おめでとう、ジュディ!
2022年6月17日 (金) 8pm
J・ガーランドの声を英国歌手が再現 ハリウッド伝説スターへのオマージュ

詳しくはこちら
blue line932
The Long Run - Experience the Eagles TLR/イーグルス体験
2022年6月1日 (水) 〜 8月31日 (水)  *毎週水曜 8pm
世界的ロックバンドへのトリビュート 記念碑的名曲 “Hotel California”

詳しくはこちら
blue line932
Beethoven’s Ninth Symphony ベートーヴェン 交響曲第9番
2022年5月27日 (金) & 5月28日 (土)
夏に『第九』を堪能するプログラム SDシンフォニーが贈る荘厳な世界

詳しくはこちら
blue line932
Lempicka  レンピッカ
2022年6月14日 (火) ~ 7月24日 (火)
美貌画家の波乱に満ちた生涯 難民から社交界の華へと転身

詳しくはこちら
blue line932
The Taming of the Shrew じゃじゃ馬ならし
2022年6月5日 (日) ~ 7月10日 (日)
暴れ馬のような女を調教できる男は? シェイクスピアの傑作喜劇を現代的に

詳しくはこちら
blue line932
Hadestown ヘイディズタウン
2022年5月31日 (火) ~ 6月5日 (日)
地下と地上に存在する2つの世界 冥界神ハデスに翻弄される恋人たち

詳しくはこちら
blue line932
Come from Away カム フロム アウェイ
2022年5月17日 (火) ~ 5月22日 (日)
「9・11テロ」が生んだ感動の物語 分断の時代に息づく実話ミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Aging Magician エイジング マジシャン
2022年5月13日 (金) & 5月14日 (土)
小説を綴る老獪な時計職人 異色のハイブリッドオペラ

詳しくはこちら
blue line932
Bob Fosse’s Dancin’ ボブ・フォッシーのダンシン
2022年4月19日 (火) ~ 5月29日 (日)
伝説的振付師の真髄がそこに 台詞も物語もなくダンスが続く

詳しくはこちら
blue line932
Tootsie トッツィー
2022年4月12日 (火) ~ 4月17日 (日)
女装で成功した舞台俳優の葛藤 大ヒット映画をミュージカル化

詳しくはこちら
blue line932
RENT レント
2022年4月22日 (金) ~ 4月24日 (日)
エイズ、麻薬、貧困、絶望を乗り越えて 愛、友情、夢に生きる若者の人間讃歌

詳しくはこちら
blue line932
Million Dollar Quartet ミリオン ダラー カルテット
2022年4月2日 (土) ~ 6月12日 (日)
1950年代の Rock 'n' Roll スター ジュークボックス ミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Romeo et Juliette ロメオとジュリエット
2022年3月26日 (土)・3月29日 (火)・4月1日(金)・4月3日(日)
シェイクスピアの代表的戯曲 恋人たちの悲劇をオペラで

詳しくはこちら
blue line932
The Choir of Man クワイア オブ マン
2022年2月24日 (木)
躍動的な男9人のパブコンサート 歌唱、楽器演奏、タップダンスの狂宴

詳しくはこちら
blue line932
The Band’s Visit 迷子の警察音楽隊
2022年3月1日 (火) ~ 3月6日 (日)
アラブ人とユダヤ人の心の交流 中東音楽も聴かせる人間ドラマ
詳しくはこちら
blue_line932
The Hound of the Baskervilles バスカヴィル家の犬
2022年1月29日 (土) ~3月20日 (日)
炎を吐く魔犬伝説の恐怖 真実を知る勇気はあるか?
詳しくはこちら
blue_line932
Shen Yun 神韻
2022年1月13日 (木)~1月17日 (月)
5千年の中国文化を踏襲するステージ 古典舞踏と伝統音楽のスペクタクル
詳しくはこちら
blue_line932
Cosi fan tutte   コジ ファン トウッテ
2022年2月12日 (土)、15日 (火)、18日 (金)、20日 (日)
恋人の忠誠心は「女心と秋の空」 2人の士官を襲う裏切りと嫉妬

詳しくはこちら
blue line932
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time   夜中に犬に起こった奇妙な事件
2022年1月6日 (木) ~ 1月30日 (土)
犬殺し事件の真相はいかに 疑われた天才少年の犯人探し

詳しくはこちら
blue line932
My Fair Lady   マイ フェア レディ
2021年11月30日 (火) ~ 12月5日 (日)
言語矯正で花売り娘が貴婦人に変身! 映画化もされたロングランミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
The Simon & Garfunkel Story  サイモン&ガーファンクル物語
2022年1月6日 (木)
ロック殿堂入りフォークデュオの足跡 名曲とともに語られる成功ストーリー

詳しくはこちら
blue line932
To the Yellow House  黄色の家へ
2021年11月16日 (火) ~ 12月12日 (日)
苦悩する後期印象派の巨匠ゴッホ パリ時代の不遇と覚醒の日々

詳しくはこちら
blue line932
How The Grinch Stole Christmas! グリンチ!
2021年11月10日 (水) ~ 12月31日 (金)
クリスマスを嫌う緑の怪物グリンチ 村の娘シンディとの心温まる交流
詳しくはこちら
blue line932
Mannheim Steamroller Christmas   マンハイム スティームローラー クリスマス
2021年12月30日 (木)
現代的サウンドのクリスマス音楽 マルチメディアを駆使したステージ
詳しくはこちら
blue_line932
A Magical Cirque Christmas   マジカル サーク クリスマス
2021年12月27日 (月)
手品、サーカス、ライブ演奏で年納め 新世代の人気イリュージョンを満喫
詳しくはこちら
blue_line932
Jesus Christ Superstar   ジーザス クライスト スーパースター
2021年11月9日 (火) ~ 11月14日 (日)
イエス・キリストの最後の7日間を綴る 歌曲で物語が展開するロックオペラ
詳しくはこちら
blue_line932
Hairspray    ヘアスプレー(ミュージカル)
2021年11月16日 (火) ~ 11月21日 (日)   

ダンスで大活躍の太っちょ女子高生 映画原作のブロードウェイミュージカル
詳しくはこちら
blue line932
Alton Brown Live: Beyond the Eats    アルトン・ブラウン・ライブ:食を超えて
2021年11月14日 (日)

斬新な料理エンターテインメント 音楽、コメディ、ゲームも楽しめる
詳しくはこちら
blue line932
Hair    ヘアー(ミュージカル)
2021年9月26日 (日) まで

ヒッピー族のベトナム反戦と葛藤 ロックミュージカルの元祖的作品
詳しくはこちら
blue line932
Boz Scaggs ボズ・スキャッグス
2021年9月21日 (火)  7:30pm

アダルト オリエンテッド ロックの代表格 革新的ミュージシャンも76歳、円熟期に
詳しくはこちら
blue line932
Judy Collins ジュディ・コリンズ
2021年9月17日 (金)  7:30pm

82歳「フォークの女王」健在! 永遠の名曲『青春の光と影』
詳しくはこちら
blue line932
CHICAGO シカゴ
2021年9月13日 (月)  8pm

ブラス・ロックバンドの最高峰 世界的大ヒット『長い夜』など
詳しくはこちら
blue line932
Dial M for Murder    ダイアル M を廻せ!
*上演延期=2021年夏季 (期日未定 )

電話のベルは殺害指令の合図
サスペンス映画の名作を舞台化

詳しくはこちら
blue line932
What We Talk About ... A. Frank アンネ・フランクについて語るとき…
*上演延期 = 2020 年春季 (期日未定)

ユダヤ人夫婦2組のユーモアと哀愁
「アンネ フランク ゲーム」 への思い

詳しくはこちら
blue line932
Faceless   フェイスレス
*上演延期 = 2020 年秋季 ( 期日未定)

ISIS 戦闘員を志願する10 代の少女
彼女をテロリストに向かわせたのは?

詳しくはこちら
blue line932
Henry V   ヘンリー五世
*上演延期 = 2021年夏季 (期日未定)

シェイクスピア円熟期の史劇
イングランド王の人物像を鮮烈に

詳しくはこちら
blue line932
La Bohéme ラ ボエーム
2020年10月24日 ( 土 )・ 10月27日 (火)・10月30日 (金) ・11月1日(日)

ボヘミアンの夢と悲恋を綴るオペラ
貧しい芸術家の卵たちの人生模様

詳しくはこちら
blue line932
The Simon & Garfunkel Story     サイモン& ガーファンクル 物語
2020年10月9日(金)

ロック殿堂入りフォークデュオの足跡
名曲とともに語られる成功ストーリー

詳しくはこちら
blue line932
Judy Collins   ジュディ・コリンズ
* 公演延期= 2021年9月17日 ( 金 )

81 歳「フォークの女王」SD 公演
永遠の名曲『青春の光と影』

詳しくはこちら
blue line932
The Band’s Visit   迷子の警察音楽隊
* 公演延期= 期日未定

アラブ人とユダヤ人の心の交流
中東音楽も聴かせる人間ドラマ

詳しくはこちら
blue line932
1776
* 公演延期= 期日未定
アメリカ建国精神がテーマの異色作
独立宣言承認までを描くミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Hair   ヘアー
*上演延期=2021年夏季
ヒッピー族が謳い上げるベトナム反戦
ロックミュージカルの元祖的作品

詳しくはこちら
blue line932
The Taming of the Shrew   じゃじゃ馬馴らし
*上演延期=2021年夏季
男にとって一番従順な女は誰?
シェイクスピア初期作品を現代風に

詳しくはこちら
blue line932
My Fair Lady   マイ フェア レディ
*上演延期2021年7月6日(火) ~ 7月11日(日)
言語矯正で花売り娘が貴婦人に変身!
映画化もされたロングランミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Come From Away カム フロム アウェイ
*上演延期2021年7月27日(火) ~ 8月1日(日)
米国同時多発テロが生んだ感動の物語
「分断の時代」 に息づく実話ミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Mean Girls   ミーン ガールズ
*上演延期2021年8月24日(火) ~ 8月29日(日)
女子派閥に翻弄される転校生
LED パネルが感情表現を演出
詳しくはこちら
blue line932
James Taylor & His All-Star Band w/ Jackson Browne
ジェームス・テイラー & ヒズ オールスター バンド+ジャクソン・ブラウン

*公演中止
アメリカの国民的フォークシンガー…深く優しい繊細なヴォーカル
詳しくはこちら
blue line932
Rent レント
*上演延期2021年5月21日(金) ~ 5月23日(日)
エイズ、麻薬、貧困、絶望を乗り越えて…
愛、友情、夢に生きる若者たちの人間讃歌

詳しくはこちら
blue line932
The Barber of Seville  セビリアの理髪師
*上演延期 (期日未定)
理髪師フィガロの機智と恋の行方
ロッシーニの代表的オペラ

詳しくはこちら
blue line932
Bob Dylan & His Band ボブ・ディラン & ヒズ バンド
*公演中止
20世紀のカリスマミュージシャン
時代を超越した魂のメッセージ

詳しくはこちら
blue line932
Disney On Ice:Celebrate Memories ディズニー オン アイス/セレブレート メモリーズ
2020年4月10日(金) ~ 4月12日(日)
歌とスケートの家族向けファンタジー
“Inside Out” の「5つの感情」 も登場

詳しくはこちら
blue line932
Drum Tao 2020 ドラム タオ 2020
2020年4月10日(金)
伝統の枠組みを超えた和太鼓演奏集団
斬新なコスチューム、3Dを交えた演出

詳しくはこちら
blue line932
Disney’s Frozen   フローズン/アナと雪の女王
2020年3月26日(木) ~ 4月12日(日)
ディズニー人気アニメ映画の劇場版
“Let It Go” の熱唱と華麗なダンス

詳しくはこちら
blue line932
Little Women   若草物語
2020年3月14日(土) ~4月19日(日)
若き四姉妹、悲喜こもごもの青春
古典的名作の新版ミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Chaka Khan   チャカ・カーン
2020年3月28日 (土)
グラミー賞10度受賞のR&B女王
A・フランクリンと双璧を成すソウル歌手

詳しくはこちら
blue line932
CHICAGO    シカゴ
2020年3月15日 (日)
ブラス・ロックの先駆的バンド …
世界的ヒット『長い夜』など

詳しくはこちら
blue line932
Celine Dion : Courage World Tour    セリーヌ・ディオン/ワールド ツアー
2020年3月31日 (火)
10 年ぶりの北米ツアーSD 公演
51 歳の歌姫が絶唱する「勇気」
詳しくはこちら
blue line932
Cirque du Soleil : OVO   シルク ドゥ ソレイユ/オーヴォ
2020年3月5日 (木)
サーカスで表現する昆虫たちの感情
シルク初の “人間が登場しない” 演目
詳しくはこちら
blue line932
The Illusionists   イリュージョニスト
2020年2月28日 (金) ~3月1日(日)
時代の先端を行く “劇場型” マジック
カリスマ奇術師の異次元テクニック
詳しくはこちら
blue line932
The Bachelor Live On Stage    バチェラー ライブ オン ステージ
2020年2月27日 (木)
恋愛リアリティー番組がSDの舞台に!
独身男性がソウルメイトに巡り会う

詳しくはこちら
blue line932
Hanzel and Gretel    ヘンゼルとグレーテル
2020年2月8日 (土)・2月11日 (火)・2月14日 (金)・2月16日 (日)
幼少期に読んだグリム童話をオペラで
大胆でカラフルな舞台美術にも注目!

詳しくはこちら
blue line932
André Rieu & J.S. Orchestra   アンドレ・リュウ & J.S. オーケストラ
2020年3月18日 (水)
クラシック音楽の概念を変えた演奏家
「世界のワルツ王」の一体型コンサート

詳しくはこちら
blue line932
The Simon & Garfunkel Story    サイモン & ガーファンクル 物語
2020年2月18日 (火) & 2月19日 (水)
ロック殿堂入りフォークデュオの足跡
名曲とともに語られる成功ストーリー

詳しくはこちら
blue line932
Martha Graham Dance Company  マーサ・グラハム 舞踊団
2020年1月22日 (水)
総合舞台芸術としてのモダンダンス
人間の内面を表出する独自のスタイル

詳しくはこちら
blue line932
Mystery Science Theater 3000 Live   ミステリー サイエンス シアター3000 ライブ
2020年1月25日 (土)
人気TVコメディの劇場版ツアー
B級映画を見せて地球征服?

詳しくはこちら
blue line932
A Chorus Line    コーラス ライン
2020年1月10日 (金) ~3月22日 (日)
ショービジネスに懸ける若者たち
華やかな舞台に隠れた葛藤の日々

詳しくはこちら
blue line932
A Magical Cirque Christmas!    マジカル サーク クリスマス!
2019年12月28日 (土)
新世代手品+サーカス+ホリデー音楽
ブロードウェイの人気マジックを満喫

詳しくはこちら
blue line932
Dear Evan Hansen    ディアー エヴァン ハンセン
2019年12月31日 (火) ~2020年1月12日 (日)
ネット社会が呈示する光と闇
孤独な少年の手紙と嘘と夢

詳しくはこちら
blue line932
Shen Yun    神韻
2020年1月17日 (金) ~1月26日 (日)
中国文化を踏襲するスペクタクルショー
絢爛豪華な古典舞踏と伝統楽器の演奏

詳しくはこちら
blue line932
IL Divo  イル ディーヴォ
2019年12月18日(水)
親日派の多国籍ヴォーカルグループ
“神の声” で歌い上げるクリスマスソング

詳しくはこちら
blue line932
A Christmas Story    クリスマス ストーリー
2019年12月29日(日) まで
クリスマスに「BB 銃」が欲しい!
少年の願いはサンタに届くのか?

詳しくはこちら
blue line932
Lamb’s Christmas of Festival   ラムズ クリスマス オブ フェスティバル
2019年12月5日 (木) ~12月29日(日)
65年前のニューヨークにタイムスリップ
ライブショー中止の危機にテレビ局は?

詳しくはこちら
blue line932
A Christmas Carol  クリスマス キャロル
2019年11月27日 (水) ~12月29日(日)
ホリデーシーズン定番ミュージカル
精霊と出会い改心する強欲老人

詳しくはこちら
blue line932
Beethoven’ s Ninth    ベートーベン交響曲第9番
2019年11月24日 (日)
11月に聴く荘厳な『第九』
パウェー交響楽団が演奏

詳しくはこちら
blue line932
Jesus Christ Superstar    ジーザス クライスト スーパースター
2019年11月12日 (火) ~11月17日 (日)
イエス・キリストの最後の7日間を綴る
歌曲でストーリーを展開するロックオペラ

詳しくはこちら
blue line932
How The Grinch Stole Christmas!    グリンチ!
2019年11月10日 (日)~12月29日 (日) / * 月曜と11月12日、11月28日、12月6日、12月25日 休演
クリスマスを嫌う緑の怪物グリンチ
村の娘シンディとの心温まる交流

詳しくはこちら
blue line932
The Nutcracker   くるみ割り人形
2019年11月21日 (木)、11月22日 (金)
ホリデーシーズンの定番バレエ作品
スターダンサー倉永美沙をゲストに

詳しくはこちら
blue line932
Twelfth Night   十二夜
2019年11月8日 (金) ~11月10日 (日)
シェイクスピア作の円熟喜劇
人違いと偽恋文による恋愛騒動

詳しくはこちら
blue line932
Blue Man Group    ブルーマン グループ
2019年11月8日 (金) ~11月10日 (日)
“青い顔3人組” の無言パフォーマンス
オリジナルの音楽と奇抜な演技

詳しくはこちら
blue line932
Aida    アイーダ
2019年10月19日 (土)・10月22日 (火)・10月25日 (金):7pm、10月27日 (日)
エジプト司令官とエチオピア女王の悲恋
「凱旋行進曲」 で知られる叙情詩的オペラ

詳しくはこちら
blue line932
Anastasia   アナスタシア
2019年10月1日 (火) ~10月6日 (日)
ロシア革命に翻弄される皇帝の娘
豪華衣装も楽しめるミュージカル

詳しくはこちら
blue line932
Chick Corea Trilogy    チック・コリア トリロジー
2019年10月2日 (水)
“ジャズピアノの神様” SD公演
至高のトリオで聴かせる名演奏

詳しくはこちら
blue line932
The Addams Family   アダムス ファミリー
2019年9月6日 (金) ~11月10日 (日)
ペーソスあふれる妖怪一家の物語
ヒット映画作品をミュージカル化

詳しくはこちら
blue line932
Romeo and Juliet    ロミオとジュリエット
2019年9月15日 (日) まで
野外劇場で観るシェイクスピアの名作
恋人たちの悲劇を新バージョンで描く

詳しくはこちら
blue line932
Deep Purple    ディープ・パープル
2019年9月6日 (金)
60~70年代のスーパーロックバンド
怒濤の “進撃演奏” で観客を圧倒!!

詳しくはこちら

 

プリティー ウーマン

 シンデレラストーリーの舞台版 ミュージカル用の新曲も追加

 

Pretty Woman
2022/7/26 (火) ~ 7/31 (日)
San Diego Civic Theatre
https://bit.ly/3vOAfrh

 

カップルで観たいミュージカル ランキング No.1

ミュージカル「プリティ・ウーマン」は、女子旅で、またはカップルで見てほしい!

まったく正反対の2人の男女が徐々に惹かれ合う姿を目の前に見ている人はキュンキュンする事間違いなし!

このドラマチックなシンデレラストーリーは、女の子総出で女子旅にぴったり!

また、ハネムーンでニューヨークに訪れる新婚さんカップルにとってもマストなミュージカルとなっている。

新しく書き下ろされた全21曲の楽曲を予習しておこう!

リチャード・ギアとジュリア・ロバーツ主演の1990年公開の映画「プリティウーマン」をご存知の方は、代表曲といえば「Oh, Pretty Woman(動画)」を思い浮かぶ方も多いだろうが、舞台版の本作品では、ミュージカル用に新しく全21曲の楽曲が書き下ろされた。

その中でも、舞台後半に登場する、ビビアンとエドワードが完全に惹かれ合い、2人でオペラを鑑賞しにいく場面を描いた恋の曲「You and I(動画)」は、日本人の耳に残りやすい楽曲となっている。

ちなみに、この楽曲では途中にオペラを挟むが、これはビビアンとエドワードが鑑賞しているオペラ「椿姫」の曲の1部であり、椿姫の物語「裕福な男性と恋に落ちる娼婦の話」と本作品の内容をシンクロさせている。

キャストオリジナルのサウンドトラックを事前に予習しておけば、より一層舞台を楽しむことができる。


<あらすじ>

舞台は1990年代のアメリカ・ロサンゼルス。

実業家エドワード・ルイス(Edward Lewis)は、ニューヨークから約6日間の出張でロサンゼルスに来ており、友人のホームパーティー帰りにハリウッドの繁華街で道に迷ってしまいる。どうしようかと途方に暮れていると、コールガール(売春婦)のビビアン・ワード(Vivian Ward)に声をかけられる。

エドワードは初めて見るコールガールに興味を持ち、ホテルまで案内してほしいと頼む。

2人は車内で意気投合し、エドワードの滞在する高級ホテルで一晩過ごすことに。

天と地ほど住む世界が違う2人はお互いに興味を持ち、エドワードはビビアンに、1週間の間、自分のアシスタントとして滞在中の6日間を3000ドルで契約してほしいと依頼。

初めて体験する高級な生活そして高級なドレスやアクセサリーを身にまとったビビアンは、瞬く間にエレガントな女性に変身した。

その美しさと勝気な性格にエドワードは次第に心魅かれ、またビビアンも紳士なエドワードに惹かれていくが、契約の6日間はあっという間に過ぎていく。

約束の最終日、エドワードはビビアンにまた会いに来ると告げ、お金を渡すが、ビビアンは受け取るのを断り、部屋を去る。

お互いの居場所に戻った2人は、果たして一生再会しないまま終わってしまうのだろうか…。

チケット:近日発売予定

生誕100周年おめでとう、ジュディ!

 J・ガーランドの声を英国歌手が再現 ハリウッド伝説スターへのオマージュ

 

Happy 100th Birthday Judy!
2022/6/17 (金) 8pm
Balboa Theatre
https://bit.ly/3LpvLhx

 

"ハッピー100thバースデー ジュディ!" - ジュディ・ガーランドのサウンドを再現したデビー・ワイルマンが主演する、現代における最も偉大なパフォーマーの一人の100歳の誕生日を祝う世界的なイベントだ!

ワイリーマンは、ジュディ・ガーランドのサウンドを見事に再現し、100万回以上のオンラインビューを獲得した。

そして今、彼女はロンドンから直接ステージに上がり、ジュディのファンや新しいフォロワーを魅了する。

グラミー賞受賞アルバム『ジャージー・ボーイズ』のオーケストレーター、スティーブ・オリッチがオーケストレーション、指揮、プロデュースした最新アルバム『アイム・スティル・ヒア』から間もないデビーが、ロン・アベル指揮の生オーケストラと共にステージを支配する。

ジュディの輝かしいキャリアを彩るヒット曲はもちろん、レディー・ガガやアデル、エイミー・ワインハウス、ザ・ビートルズなど、ジュディが今、私たちと一緒にいたら歌うであろう曲も歌われるのだ。

一生に一度の夜、お見逃しなく。

 

チケット:
$50-150

ベートーヴェン 交響曲第9番

 夏に『第九』を堪能するプログラム SDシンフォニーが贈る荘厳な世界

 

Beethoven’s Ninth Symphony
2022/5/27 (金) & 5/28 (土)
San Diego Symphony
https://bit.ly/3wZzRsl

 

交響曲第九番


2006年、2つの映画が公開された。

1つはベートーベンと女性写譜師の交流を描く「敬愛なるベートーベン」。

もう1つは史実に基づき第一次世界大戦で旧日本軍の捕虜となったドイツ軍兵士の交流を描いた「バルトの楽園」だ。

この2つの映画は、あるベートーベンの楽曲をストーリーの主軸においている。

その楽曲こそが交響曲第九番なのだ。

交響曲第九番は、ベートーベン晩年の1824年に完成したベートーベン最後の交響曲だ。

交響曲第九番の最大の特徴は、合唱を取り入れていることだ。

そもそも声楽と交響曲は交わらないものと長年考えられてきたが、ベートーベンによって一般的な形に仕上げられたのだ。

交響曲第九番は日本では「第九」と呼ばれ、年末の風物詩としても親しまれている。

第九最大の特徴「歓喜の歌」

「第九」といえば最初に思い浮かぶのが、「歓喜の歌」ではないだろうか。

「歓喜の歌」の歌詞は、全てがベートーベンの作詞ではない。

元々はドイツを代表する作家の一人であるフリードリヒ・フォン・シラーによって書かれた「歓喜に寄す」という詩を元にして、ベートーベンが編集したものを使用している。

ベートーベンは冒頭の「おお友よ、このような音ではなく心地よい歓喜に満ちた歌を歌おう」の部分を書き足しただけなのだ。

「歓喜の歌」=第九?

毎年のように各地で第九が日本語訳詞か原語のドイツ語詞で歌われているため、第九とは「歓喜の歌」そのものを指すと誤解している人も多いのではないだろうか。

実際のところ、「歓喜の歌」のパートは最後の第四楽章のクライマックス部分だ。

第九を第一楽章から通しで演奏していくと、全体で大体75分前後かかることはCDの長さを決める話などで有名な事実だ。

つまり、75分の3分の2を過ぎた頃に合唱パートの出番が回ってくるのだ。

ただ、日本の場合は第九の演奏会自体がイベントとなっているので第一楽章から通しで演奏される機会はほとんど無いといっても過言ではなく、「歓喜の歌」のパートだけを編集したものを「第九」として演奏することが多いだけなのだ。

「歓喜の歌」は無くなるかもしれなかった

ベートーベンの伝記では、第九の初演は大成功を収め難聴の進行で耳がほとんど聞こえなくなっていたベートーベンは助手に促されるまで聴衆が大声援を送っていることに気がつかなかったという記述がなされている。

しかし、実際には第九は初演こそ成功であったものの合唱を取り入れた第四楽章が理解されず、第一楽章から第三楽章までが演奏されていたのだ。

「歓喜の歌」を含む第四楽章の不遇は、ベートーベン自身も気にかけていたようで器楽曲としての再構成を図っていた形跡が散見されている。

最終的に第四楽章と「歓喜の歌」は、ワーグナーによる新解釈が加えられたことによって再評価の機運が高まり、現代に残されているのだ。

日本と第九の関係

日本において、第九が初演奏されたのは第一世界大戦真っ只中の1918年のことだ。

当時の日本軍は、ドイツがアジア方面の橋頭堡として押さえていた青島を攻略し5000人近くのドイツ人兵士を捕虜としたのだ。

そのうちの1000名が現在の徳島県鳴門市に作られた「坂東俘虜収容所」に送られ、終戦までをすごした。

この収容所の所長を務めた松江豊寿(まつえ・とよひさ)は人道に則った扱いを行い、現地の住民とドイツ人の間の交流を促進させたのだ。

後にスイスに移されたドイツ人捕虜たちは「松江ほど素晴らしい捕虜収容所の所長はいない」と評している。

この時、ドイツ人捕虜によって結成されたオーケストラによって1918年6月1日に、日本で初めての第九演奏が行われたのだ。

このエピソードが、前述の映画「バルトの楽園」の元になっているのだ。

第九とドイツ

第九は、戦後の世界においては「自由と平和の象徴」として世界各地で演奏されてくる。

第二次世界大戦後再開された、ワーグナーが興したバイロイト音楽祭で最初に演奏されたのは第九であるのは有名な話だ。

この瞬間からドイツの戦後復興において、第九は欠かせない楽曲として演奏されていくる。

1989年のベルリンの壁崩壊に際しては、ドイツ語で歓喜を意味する「Freude」を、自由を意味する「Freiheit」に変えて歌われるなど、ドイツの歴史の節目で歌われている。

現在、EU(欧州連合)の歌として「歓喜の歌」を採用する動きがある。

交響曲第九番全体の曲調

交響曲第九番は、どうしても「歓喜の歌」だけがクローズアップされることが多いのだが、第一楽章から通して繰り返し聴くと新しい驚きを発見できる、素晴らしい楽曲であるといえる。

第一楽章の冒頭ではテレビCMなどでも使用されるフレーズが提示され、トレモロなどの反復演奏によって内容がどんどんと膨らんでいくる。

第九は、第一楽章からクライマックスとなる「歓喜の歌」への伏線が張り巡らされていくという、計算された構成になっている。

弦楽器の軽やかで心地よい音の重ね方や、管楽器によるメロディの盛り上げ方など、まさにベートーベンの作風の集大成であるといえる。

「歓喜の歌」自体は単品でも十分に素晴らしい楽曲であるといえるが、時間を掛けて第一楽章から通しで聴くことでその魅力は何倍にも高まるのだ。

交響曲第九番の意図とは

日本では、憲法第九条と第九を関連付けたコンサートを開く団体などがあるが、ベートーベンはそんな矮小な目的のために第九を作曲したわけではあらない。

ベートーベンが第九に込めたのは、シラーの「歓喜に喜す」に込められた「友人や愛する人のいる人生の素晴らしさ」なのだ。

ベートーベンは癇癪もちではあったが、交流を深めた友人も不滅の恋人もいたし、音楽と難聴を通して生きていることの素晴らしさを知っているのだ。

だからこそ、200年近くも人々に受け継がれる不滅の音楽となった第九を作曲できたのではないだろうか。

 

アーティストとレパートリー
ラファエル・パヤーレ(指揮)
アリサ・ワイラースタイン(チェロ)
フェリシア・ムーア(ソプラノ)
ロニータ・ミラー(メゾ・ソプラノ)
マリオ・チャン(テノール)
陳 培信(バス)
サンディエゴマスターコラール

エドワード・エルガー:チェロ協奏曲 ホ短調 作品85
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125、合唱曲

ラファエル・パヤーレは、クラシック音楽の中で最も象徴的でパワフルな作品を指揮し、ラディ・シェルで見逃せないシーズンのフィナーレを迎える。

ベートーヴェンの交響曲第9番だ。冒頭の劇的な緊張感から、シラーの反抗的な政治詩「歓喜の歌」に合わせた輝かしい合唱のフィナーレまで、この交響曲は私たち全員を引きつけ、共通の人間性を祝福し抱擁するものだ。

コンサートは、スーパースターのチェリスト、アリサ・ワイラースタインがエドワード・エルガーのチェロ協奏曲で幕を開ける。

チケット: $25-$90

TLR/イーグルス体験

 世界的ロックバンドへのトリビュート 記念碑的名曲 “Hotel California”

 

The Long Run - Experience the Eagles
2022/6/1 (水) 〜 8/31 (水)  *毎週水曜 8pm
Theatre at The Welk SD, Escondido
https://bit.ly/39sHPAF

 

イーグルスの音楽への究極のトリビュート

THE LONG RUNは、フロリダで最も優秀で尊敬されているミュージシャンたちによって構成されている。

バンドの個々のメンバーは、Lynyrd Skynyrd, Steppenwolf, Eddie Money, Beach Boys, .38 Special, Doobie Brothers, Trace Adkinsなどの偉大なアーティストと共演したり、ステージを共にしたりしている。

THE LONG RUNは、イーグルスをロックンロール史上最も成功した音楽グループのひとつにしたサウンドを再現している。

イーグルスのエネルギー、ギターテクニック、ヴォーカルハーモニーを芸術的なまでに捉え、5人の声が溶け合い、最も批判的なイーグルスファンさえも満足させるだろう。

これほど素晴らしいイーグルスのトリビュートは、"Hell Freezes Over "まで聴くことができないだろう。

 

チケット:$25-$38

レンピッカ

 美貌画家の波乱に満ちた生涯 難民から社交界の華へと転身

 

Lempicka
2022/6/14 (火) 〜 7/24 (火)
La Jolla Playhouse
https://bit.ly/3J9CtGD

 

作詞・作曲:カーソン・クライツァー|音楽:マット・グールド

振付:ラジャ・フェザー・ケリー|演出:レイチェル・チャヴキン

ロシア革命の嵐が吹き荒れる中、若き画家タマラ・ド・レンピッカと貴族の夫は、贅沢な生活を捨て、安全なパリへの亡命を余儀なくされる。

無一文の難民から肖像画家へと転身し、パリの上流社会の一員となったタマラだが、その才能と飽くなき野望に押しつぶされそうになる。

しかし、スラム街に住む自由人ラファエラと出会い、タマラは退廃と情熱に満ちた新しい世界へと導かれる。

新しいミューズと夫の間で揺れ動き、変わりゆく世界に自分の足跡を残そうと戦うタマラは、生き残るために自分自身の強さの奥深さを見出さなければならない。

数十年にわたる政治的混乱の中、ポップでスリリングな音楽で綴られる『レンピッカ』は、危機に瀕した世界、時代の先端を行く女性、そしてついにその時が来た芸術家の矛盾を大胆に表現している。

『レンピッカ』の世界初演は、もともとウィリアムズタウン・シアター・フェスティバルによって2018年7月に上演されたもので、マンディ・グリーンフィールド(芸術監督)が担当している。

チケット:

6回券 $276〜$404
『レンピッカ』、『ブルーベリー』、『蝶とコヨーテのファンダンゴ』、『お気に召すまま』、『アウトサイダー』、そして未発表の1作品の鑑賞ができる

4回券 $183~$265
『レンピッカ』、『蝶とコヨーテのファンダンゴ』、『お気に召すまま』に加え、未発表の1作品の鑑賞ができる