そんな時(に限って)

アメリカ生活を始めた頃、不思議なケガをした。壊れかけていた古いイスに激突し、右大腿部に木片が突き刺さった。正確に言うと、刺さったのではなく、一瞬のうちに木片が脚の中に入り込んでしまった。外傷も出血も痛みもない。でも、太ももに触れると、そこには異物の感触があり、木片の形が浮かび上がっている。近くのクリニックへ直行したが、勤務医師は昼休みで不在。痛みがないまま、40分、50分と待てども医師は現れない。そのうちジワジワとした痺 (しび) れを脚に感じてきた。やがて鈍痛に変わり、私の額 (ひたい) にはうっすらと脂汗がにじむ。こんな時に (医師は) 何をしてるんだ! 不安が焦燥に変わろうとした時、戻ってきた医師の一言は「これは私の手に負えない」。他の病院へ駆け込むものの、私の順番がなかなか来ない。2時間近く経過して担当医が登場。陽気な白人医師はすぐに診療をせずに自己紹介を始めた。「私、△△ 総合病院で ◆◆ 年ほど勤務いたしまして、現在は ▲▲ 医院の ◇◇ 専門医です。家族構成は XX・・」 こんな時に何言ってんだ!  ようやく右脚に麻酔がかけられ、簡単な手術で無事に木片が取り除かれた。今思えば、激突の衝撃で瞬間的な真空状態が起こり、木片が押し込まれた、いわゆる「かまいたち現象」に見舞われたらしい ——。 (SS)
blue_line932
▽そんな時に限って「守護神」が打たれて逆転負け。2007年NLワイルドカード決定戦、延長13回裏、ロッキーズが3点を挙げてサヨナラ勝ち。パドレスは NLDS 進出を逃してしまった。今年は期待したいのだが・・。▽「そんな時に限って」のことは、山ほどある。例えば、締め切り前の停電。里帰り前のぎっくり腰。接客中の前歯抜け。急いでいる時の赤信号連続。こんな時に限って、おなかがグルグル。忙しい時に限って、困りごと発生。ダイエットしなきゃなの時に、美味しいお誘い。使わない懐中電灯、必要な時に電池切れ。急いで出かけた時に限って、ガレージ閉めたっけ。時間がナイ時に限って、連チャンパチンコが止まらない。お金が必要なときに金がない。▽先日、知人のオフィスが水浸しになった。ビルの水道管の不具合とのことで、専門業者が熱風を送り込んで部屋中を乾燥させていた。相当凹んでいるかと思ったら「良い機会だから、書類を整理しているよ」と爆笑していた。世の中には、何事にも動じない、肝が据わってる人がいる。「そんな時に限って」が起こっても、それは「イレギュラーなアクシデント」と考え、笑って許せる余裕がある。「人生にとって、 何が一番大切か」 「幸せになるための道」を知っている彼女を見習いたい。 (NS)
blue_line932
sheau-ching-san.gif そんな時に … という不思議な瞬間があった! 10年以上も昔のことだったが、 いつも混んでいる Convoy エリアで車の事故に遭った! 左車線で真っすぐに運転していたら、右車線を走っていた車がいきなり左にレーンチェンジしてきた。その途端、“ボン” とすごい音がして、私の車が追突された! ぶつかってきたそんな時に、不思議と私の手が “自動的” にハンドルを左に急に回していた。ヒットされた私の車は対向車線に入り込んでいたが、不思議なことに車は1台も走っていなかった! 運が良かったのは、運転席側じゃなく、助手席側が直撃されたこと。ドアが凹んで、バンパーも道路に落ちたが、そのままでも車は運転できる状態で、私もケガがなくて済んだ。“自動的” にハンドルを左に回した瞬間、私は亡くなった大親友の Dan が自分の手をつかんで回してくれたと感じた。きっと、彼が助けてくれたに違いないと信じている! 心の中で Dan に “Thanks so much for saving my life, Dan!” と伝えた。その時に体験した不思議な感覚を、いつまでも大事に記憶にとどめておきたい! (S.C.C.N.)
blue_line932
yoko 今日は娘のプリスクールの「Superhero & Princess Day」だ。上の息子は、プリスクールに通っていたころは『Batman』 が大好きだったので、スーパーヒーロー・デイに『Batman』のコスチュームを来て学校に行った。プリスクール2年目の娘は、今回で「Superhero & Princess Day」は2回目。去年は PBS Kids の番組『Super Why!』のキャラクター『Whyatt』の格好をして行った。2回目の今回は、プリンセスになるかな?と思ったら、また『Whyatt』 がいいらしい。グランマ手作りの緑色のケープに毛糸で編んだマスク、Tシャツにカーキーのパンツ、手に持っている杖みたいな “Why Writer” は、今朝、夫が手作りしていた。今日は学校にシンデレラ、スパイダーマン、バットマン、スーパーマンなどなどが来るらしい(先生方と友人?)。午後から皆で校庭をマーチするらしいが、そんなときに限って、朝から雨もようだ。子供たちが楽しみにしていたので、天気が良くなってほしい。 (YA)
blue_line932
reiko-san △約束の時間ギリギリという時に限って、道を1本間違えたばかりに予想外の大渋滞に巻き込まれ、焦るということがある。つい先日、娘の水泳練習でこれをやってしまい、練習開始の少なくとも15分前には着いておきたい彼女は、車の中で怒った、怒った (笑)。練習開始時刻ギリギリにプールに着いたのに、もう入りたくないと駄々をこね始める始末。時間厳守は良い習慣だけれど、あまりにも度が過ぎると疲れるよ、娘。△「最高のスポットを見つけて、気持ち良くまどろみはじめた時にかぎって、この人間はそうじきをかけ始めるんだよね。ほんとにとっても迷惑。やめてほしい」… 我が家の猫たちの気持ち。△寝支度万端でベッドに潜り込み、うとうと寝始める時に限って、我が家の雄猫が外に出たいとミャーミャー催促し始める。外に出ていれば、中に入りたいと、玄関のセキュリティードアをワッサワッサと揺らし始める。このドア、鉄製の、よくあるあのドアで、揺らすとガチャンガチャンと大きな音がして、私の睡眠はしっかり妨害される。夫も娘も一度寝てしまうと、猫の妨害行動にあっても目を覚ますことがない。少しの音でもすぐに目が覚めてしまう私には羨 (うらや) ましい限りだ。 (RN)
blue_line932
suzuko-san とお~い昔、日本でプラプラしていた頃の話、もちろん携帯もポケベルもない時代のことである。ある、一匹オオカミでかなり稼いでいる人から仕事を受けた。それは、彼が事務所を留守にしている間にかかってきた電話を、私の家電に転送するから、電話を受けたら即、彼に連絡をするという、仕事ともいえない仕事だった。ただ1日家にいてでしょ! 1本の電話を取るだけ。これで1万円も払ってくれると言うのだ。もちろん、受けた。朝から待機していても、電話はかかってこない。午後になっても …。1日中家にいて、電話番をしていると言っても、トイレくらいは行く。物事は往々にしてそうしたもので、そのトイレに行っている時に電話が鳴った。で、慌ててトイレから出たら、電話が切れた。留守録もなかったから相手にコールバックすることもできない。ほんの数分、電話が取れない状況の時に、重要な電話が鳴る・・。これで、私は依頼人から大目玉!を食らった。彼にとっては私に1万円を払ってでも受けたい重要な電話だったのに、それを私がミスしてしまって、仕事に穴を開けさせたのだ。540分間のうちの1、2分。そんな時に限って、起こりうるのだ。世の中とは、ありえなさそうなことも、何でもありうる。はい、実感させていただきました! (Belle)
blue_line932
jinnno-san わたしには、秘密のパーキングスポットがある。ふふふ。アパートには駐車場がなく路駐だけで、道路清掃の日が月4回ある。清掃日と知っていながら、清掃が始まる朝7時に車を移動すればよいだろうと、あっまーい考えで7時5分に道路に出たら「駐禁」が貼られていたこと、何度も (どんくさい 笑)。祝日は清掃ナシなので平気で路駐したプレジデンツ・デー。ハイ駐禁 笑。そんな理由から、路駐しなくなって、かれこれ15年 (以上)。(どんだけ住んでんの? 笑) そして見つけたわたしだけのスポット! 広くて電灯も明るいし安全だわ。秘密をバラすと(簡単だな 笑) スーパーの駐車場 (笑)。毎日行くところだし、店員さん全員顔なじみだし、週末にずっと駐車していても、なーんも起こらず15年 (以上) (← びみょーにゴマカス 笑)。そんなある日、急用でマイ・スポットへ行くと、、、まさかのまさか。車が、ない。スーパーへ行き「まさか牽引してないでしょーね」(態度デカ! 笑) と新米マネージャーに聞くと「したよ」。えええ ーー! 今から用事ありありなのに ーー! こんな時に、なぜ牽引?! もっとヒマなときをえらんでよおおー! そして、その後も懲りずに 「そうだ! もっと隅っこへ遠慮がちにすればオーケーじゃん!」と、勝手な解釈で今日に至るのであった (ハッピーエンド! 笑)        (りさ子と彩雲と那月と満星が姪)
blue_line932
私の 「こんな時に限って」。 ① “Disneyland”。5年前に帰省した時、息子たちと東京ディスニーランドへ行った。彼らにとっては人生初めてのディスニーランド。10個以上の乗り物に乗れて、メインのアトラクションをほとんど制覇・・と思いきや、なぜ? マジ? 『スペースマウンテン、メインテナンスのため、本日休止』 ありえない・・。② “ONE OK ROCK ライブ”。3月に大ファンの ONE OK ROCK のライブに家族4人で行ってきた。TAKAは生 (ナマ) でも本当に上手 ♡。ところが、何かの拍子で息子たちが口げんかを始めた。ずっと立っているから、疲れてイライラするのも分かる。そのうち、お互い手が出てきた。マズい。今度は下の子が「気持ち悪い ・・と言い始めた。マジか? もうダメだ・・というわけで、最後までエンジョイできずに途中退場 (涙)。③ “化粧”。私は月2回、3軒の日系マーケットに『ゆうゆう』をリストックしに行く。「買い物もないし、ただラックに置くだけだから、すっぴんでいいよね」という時に限って、「あれ~? Iちゃん? 久しぶり~。元気?」と人と出くわしてしまう。何、この偶然? 人生なかなか思い通りにいかないものだ。 (IE)


(2019年6月1日号に掲載)