ゆうゆうインタビュー 井口資仁

98_iguchi_header.jpg

ホワイトソックスに入団したメジャー初年にチームが88年ぶりのワールドシリーズ制覇。

昨年はシーズン後半に移籍したフィリーズが球史に残る快進撃を続け、大逆転でプレーオフ出場を果たした。

常に陽の当たる花道を歩んできた野球人・井口資仁。彼の行く処には奇跡が起こる。

今年、その実力と強運を備えた内野手をパドレスが迎えた。

移籍後の初本塁打は延長戦でのサヨナラアーチ。サンディエゴのファンに強烈な存在感を示した。

パドレスのワールドシリーズ優勝経験者は井口選手しかいない。

チームメートもファンも信頼と期待を込めて、パワフルな牽引車「グーチ」に熱い視線を注いでいる。

(井口選手は6月5日のメッツ戦で右肩を脱臼。8月2日に戦列復帰しました)


——  複数球団のオファーの中からパドレスを選んだ理由を聞かせて下さい。

iguchi0.jpg
パドレスのユニホームを着て入団発表。
記念撮影に応じる(ペトコ・パーク=12/18/07)
生活環境が最優先事項でした。

オフシーズンを快適に過ごせて、治安の面でも安心できる都市というのが選択基準になっていました。

サンディエゴならオフに自主トレもできますし、犯罪発生率も低く、家族と暮らすには最高の街だと思いました。

最初に住んだシカゴも気に入りましたが、さすがに冬は寒さが厳しくて … (笑)。


——  実際のサンディエゴの印象は。

美しい街ですね。

僕自身、シーズンの半分はロードに出てサンディエゴを離れますが、家族を残しても安心という実感があります。

家族は2月から当地で暮らしています。

子供も元気に現地の学校に通い、生活面では何一つ不自由なく、精神的にも満たされた日々を送っています。

ただ、家族でゆっくりとサンディエゴ見物をする時間がないのが残念です。


——  パドレス球団にはどんなイメージを持っていますか。

投手力の非常に強いチーム。

もちろん優勝を狙えますし、自分が攻撃面で貢献できれば良い結果が出ると信じています。


——  パドレスとは単年契約ですが。

関係ありません。

僕としては自ら選んでサンディエゴに来ました。

力の限りチームに貢献し、 ぜひパドレスを優勝に導きたいですね。

そうなれば来年以降にも繋げられると思います。

今はここで長く野球をしたいと思っています。


——  今シーズンの目標は。

毎年、シーズン開幕前に3割/30盗塁/100得点という数字を掲げています。

パドレスは得点力を必要としているチームですから、出塁して100得点を挙げるというのが一番の目標ですね。

それが僕の役割だと思います。


——  野球との出会いはいつ。初めから野球少年でしたか。

気がついたら野球をしていた。

そんな感じです。

父が少年野球のコーチで兄が選手でしたから、そういう環境の中で感化されながら自然に野球に馴染んでいきました。


——  メジャーリーグへの夢を抱いた時期は。

iguchi3.jpg
メジャー初年度にワールドチャンピオンに輝く。小泉首相 (当時) にホワイトソックスのユニホームと帽子を贈る(首相官邸=11/14/2005)
大学1年の時に日米選抜大学野球大会で戦ったアメリカ人選手の印象が強く残り、1996年アトランタ五輪で対戦した中南米チームとも再び戦いたいと思っていました。

プロ入り後も、世界を舞台に野球をしたいという気持が続いていましたね。

多分、大学の頃からメジャーへの憧れを漠然と心に抱いていたような気がします。


——  憧れていた大リーグ選手は。

日米野球で来日したカル・リプケン・Jr. (*注1)。

メジャーを代表する遊撃手で大柄なのに俊敏な守備に驚かされました。

当時、僕はショートを守っていたものですから。


——  「人生最大の転機」はいつ。

ダイエー・ホークス時代の3、4年目。

1999年、2000年頃でしょうか。

成績が残せず、どうすればプロで生き残れるかと暗中模索していました。

転機を求める一つの方法として、自分の選手登録名を 「井口忠仁」から現在の 「井口資仁」に変えました。

姓名鑑定を行う人からのアドバイスでしたが、気持を切り替える効果はあったと思います。

2001年に納得できる結果を出して、野球人生で最大の危機を乗り越えることができました。
(*注2)


——  日本の野球とメジャーリーグと異なる点は。

基本的に違いはないですね。

でも、個人主義のアメリカですから、全責任を自分が負うといいますか、100パーセント自己管理しなければいけません。

強制的な練習メニューが存在しないのです。

選手にとって非常に楽な反面、実績を残さなければ終わりですから、恐いですね (笑)。


——  メジャー生活で「自分が進化した」と思うことは。

シーズン中、最も大切なのは身体のケアです。

1年目はトレーナーに頼る傾向が強かったのですが、3、4年目になると自分自身が必要としている身体の管理法が分かってきたので、そういう意味では成長していると思いますね。


——  アメリカ生活で困ったことは。

野球生活で困ることはありませんが、実生活では大変なことばかりです (笑)。

家族と買物に出かけてなかなか英語が通じないとか、注文したのと違うものがレストランで出てきたりとか … しょっちゅうですからね (笑)。


——  パドレスでの希望打順は。

iguchi6.jpg
パドレス移籍後の初アーチがサヨナラ本塁打! チームメートが総出で迎える (ペトコ・パークでの対ダイヤモンドバックス戦・延長13回裏=4/26/08)
© Chris Hardy / San Diego Padres
メジャーで2番を打って4年目。

2番は自分に適役の打順だと思いますし、今では2番打者の役割も分かってきました。

サインの有無に関わらず、ここは送りバントでランナーを進めるとか、試合の流れの中で自分が何をすべきかを理解できるようになりました。

最初の頃は、犠牲になる場面が多い役割に抵抗を感じたこともありましたけど、今は吹っ切れていますね。


——  本塁打が出にくいホーム球場、ペトコ・パークの印象は。

ペトコ・パークは確かに広いです。

打撃練習でもホームランが出ませんから (笑)。

僕の役割としては本塁打よりも二塁打、三塁打を打つ方がチームに貢献できますし、足を生かせるボールパークだと思います。

綺麗な球場ですし、打ちにくいという感覚はないですね。


——  優勝を望むファンに向けてのメッセージをお願いします。

パドレスは投手力のレベルが高く、優勝争いに絡んでくる底力を備えていますし、上昇気流に乗れば必ず勝てるチームです。

僕自身は最大限に足を使ってチームを活気づけていこうと思っています。

そういう刺激をチームに与えることができれば、格段に得点力がアップするのは間違いないですから。

あとは皆さんの応援をお願いします。


——  心臓移植患者さんへの激励訪問など慈善活動も積極的にされていますね。

iguchi5.jpg
心臓手術のため病院に入院中の松本拓也君 (右)を見舞い、激励の言葉をかける(イリノイ州シカゴ=4/6/07)。
いつも大勢の方々に応援して頂きながら、僕らは何も返すことができないでいました。

その恩返しという意味で、オフシーズンに児童施設や小児病棟を訪問させて頂いたら、こんな自分でも皆さんに喜んでもらえることに強い感動を受けたんです。

逆に、僕も「頑張らなくちゃいけない」という気持になりました。

アメリカの知らない土地に来て、いつ手術できるのか分からない状況に置かれている子どもを見舞い、同じ日本人同士が会話を交して互いに勇気を与え合うことで、少しでも元気になってもらえればいいなと …。

今後も機会があれば続けていきたいと思っています。
(*注3)


——  将来の夢を聞かせて下さい。

自分の好きな野球ですから、息の長い選手でいたいですね。

目標としては40歳まで現役を続けること。

将来的には自分が日米で培った野球経験を生かし、若い選手を指導するという夢も描いています。

日本とアメリカの長所と短所も含めて、全てを伝えていこうと思います。



* (注1 )カル・リプケン Jr. =2007年に野球殿堂入りを果たした元オリオールズ内野手。2,632試合連続出場のメジャー記録保持者。2001年引退。

* (注2 )プロ野球史上3人目となる30本塁打 / 40盗塁を記録。

* (注3 )井口選手は今年2月に東大病院の心臓移植待機患者を激励。ホワイトソックスに在籍していた昨年4月、心臓移植のためにシカゴ大学病院に入院していた埼玉県熊谷市の松本拓也君を訪問し (写真 p.14)、支援基金に100万円を寄付。松本君の手術は成功し、現在、日本で元気に生活している。ダイエー (現ソフトバンク) 時代より車イスや自動体外式除細動器 (AED) の寄贈、盲導犬育成への寄付などの慈善活動を積極的に続けている。

 

井口資仁 ・


サンディエゴ・パドレス 内野手。東京都西東京市出身。1974年12月4日生。176cm / 88kg。右投げ / 右打ち。国学院久我山高から青山学院大へ進み、2度の全日本大学野球選手権大会優勝 (1993、1996) を始め、1994年東都大学リーグ初の三冠王、1996年大学通算24本塁打の新記録を樹立。1996年アトランタ五輪野球日本代表として銀メダル獲得。 超大物内野手として注目を集め、1997年ダイエー・ホークス (当時) よりドラフト1位の指名を受けて入団。初出場の試合で満塁本塁打を放ち、華々しくプロのデビューを飾る。1999年マジック1に迫った試合でホークスの パ・リーグ初優勝を決める本塁打を放つ。同年と2003年の日本シリーズ制覇に貢献。2005年米大リーグのシカゴ・ホワイトソックスに移籍し、二塁手 / 2番打者に定着してメジャー1年目でワールドシリーズ優勝の美酒に酔う。2007年シーズン途中に交換トレードでフィラデルフィア・フィリーズに移籍。 2007年12月サンディエゴ・パドレスとの1年契約に合意。妻子とともにサンディエゴ在住。

パドレスの情報とホームゲーム案内は http://sandiego.padres.mlb.com へ。 
※井口選手の公式サイト http://www.tadahitoiguchi.com もご覧下さい。


星座 : 射手座
血液型 : O型
愛称 : TAD、グーチ
趣味 : ドライブ
特技 : バレーボール、身体を動かすこと
健康法 : よく食べ、よく飲み、よく眠る
好きな食べ物 : 寿司
嫌いな食べ物 : ありません
得意な料理 : 鍋物(特にチゲ鍋)
カラオケ十八番 : 「何も言えなくて・・・夏」(JAYWALK)
好きな俳優/歌手 : ジャッキー・チェン
苦手なこと: 人前でしゃべること
ストレス解消法 : お酒を飲むこと
好きな映画作品 : 『The Green Mile』トム・ハンクス主演
好きなテレビ : 日本語放送、ESPN
好んで聴く音楽 : 流行曲なら何でも
尊敬している人 : 両親、恩師
注目している人 : 娘
ライバルだと思う人 : 野球選手全員
今の職業に就いていなかったら : F1レーサーまたは漁師
座右の銘 : 「実るほど頭 (こうべ) を垂れる稲穂かな」

 
(2008年6月16日号に掲載)