Town News タウンニュース

アメリカ合衆国国勢調査局は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が2020年国勢調査のオペレーションに与える影響を引き続き監視し、連邦、州および地域の保健当局のガイダンスに従い職員および市民の安全の確保に努めています。

完全かつ正確に2020年国勢調査を実施するため、国勢調査局では、既に再開されている更新・配布オペレーションおよび新規採用者の指紋採取に加えて、他のオペレーションも再開できるようになりました。

現在までに9100万世帯が国勢調査への回答を済ませています。

まだ回答がお済みでない方も、国勢調査員が訪問する前に、ご自分でオンライン、電話または郵送で回答できます。

以下に概説するオペレーションに関する最新情報には、未回答世帯追跡調査オペレーション、パートナーシップイベント、出張式回答支援(MQA)、統合コミュニケーションおよびパートナーシップキャンペーンが含まれます。

 

国勢調査局は、未回答世帯追跡調査を地域限定で開始します。

 

国勢調査局は、システムやオペレーション、現場業務が予定通り実行されることを確実にするため、規定通り限定的なオペレーションを開始します。

7月中旬から、6カ所の地域国勢調査事務所(各国勢調査地域に一カ所ずつ設置)で、2020年国勢調査に未回答の世帯への戸別訪問を開始します。

6つの地域事務所は6月末までに発表されます。7月下旬には第二弾の限定的オペレーションを実施する地域事務所が発表される予定です。

これらの限定的オペレーションを実施する地域事務所以外のすべての地域事務所は、8月11日から未回答世帯追跡調査を開始し、10月31日までに業務を完了します。

すべての国勢調査員は、ソーシャル・ディスタンシングの実践に関する研修を受けます。全員にPPE(個人用保護具)が支給され、地域のガイドラインに従って着用します。

 

国勢調査局のコミュニティ・パートナーシップ・エンゲージメント・プログラム(CPEP)で対面イベントを再開します

 

地域のガイダンスに従い、パートナーシップのスペシャリストたちは、37万を超すパートナー組織と共に6月上旬から対面の活動を開始し、安全が確認されている場合に限り、全国の対面イベントに参加しています。

それまでの数ヶ月は、CPEPのほとんどのアウトリーチ活動は、自宅待機命令に従い、ソーシャル・ディスタンシングを保つために、オンラインで実施されていました。

国勢調査局の出張式回答支援(MQA)プログラムは、現状を反映して一部変更されています。

国勢調査局は、現在の公衆衛生の状況に基づき、限られた地域で、MQA職員が質問への回答に対する対面支援を再開できると想定しています。

この支援プログラムは、全国でも回答率の低い地域にアウトリーチする取り組みでもあります。

MQAに携わる国勢調査局職員は全員、地域のガイダンスに従って保護具を着用し、ソーシャル・ディスタンシングを実践します。

 

国勢調査局は2020年10月までコミュニケーションキャンペーンを続けます。
データ収集オペレーションは、10月末で終了します。

 

全米市民の多くが引き続き自宅待機を続け、ソーシャル・ディスタンシングを保つ中、国勢調査局はコミュニケーションキャンペーンを一部変更し、オンライン回答を増やすことを目的として、新規広告をシリーズで発表しています。

7月、8月および9月にも有料広告が追加される予定です。

 

これらの追加広告キャンペーンは新しいオーディエンス向けに33カ国語で作成され、なんらかの有料メディアサポートを受けた英語以外の言語は45言語に上ります。

追加された言語では、広告連動型検索、印刷物およびデジタル広告を組み合わせて提供されます。

さらに国勢調査局は、デジタル、印刷物、テレビ、およびラジオなどの有料広告プラットフォームを通して、歴史的に集計数が実態を下回っているグループに対するリーチを増加させるため、メディアベンダー企業リストの掲載企業を増やしました。

 

上記にまとめたオペレーションの最新情報は、PPEや安全規制に関する連邦、州および自治体の最新ガイドラインを取り入れています。

国勢調査局職員および市民の安全のため、国勢調査局は現地事務所内で働く職員を含むすべての現場職員に支給するPPEを発注しています。

これらの物品は、オペレーションが開始されるにあたり、十分な量を確保し支給されます。

国勢調査局職員は、地域の保健当局のガイダンスに従ってPPEを着用します。

 

国勢調査局は、2020年国勢調査オペレーションに関する最新情報を引き続き一般市民にお伝えしていきます。

詳細については、2020年国勢調査オペレーションの日程をご覧ください。

 

 

お問い合わせ

公共情報室  301-763-3030

This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

2020年7月16日号に掲載


去る6月28日(日)、ツインオークスゴルフコースにて、日本航空後援によるADO CUP GOLF TOURNAMENTが開催されました。

参加競技者は24名。平均スコアが90というハイレベルなトーナメントで、ネットスコア優勝者はジェームス香川さんでした。詳細は次の通りです。

当トーナメントを主催した尾田さんは次のように話しています。

「新型コロナウイルスの影響により、大会の予定を延期し、規模を縮小して開催いたしました。参加者の皆さま並びにゴルフコースの関係者にご協力をいただきながら、無事に大会を終了することができました。お天気にも恵まれ、終始和やかにプレーを楽しんでいただきました。ゴルフトーナメント開催に際して、多くの皆さまからご支援ご協力を賜り、深く感謝申し上げます」。

 

ネット1 位の香川さん    ネット2 位の山脇さん、3位の西場さん          グロス3位の小浜さん

 

ネット結果

1 香川ジェームス 71.4

2 山脇健斗             72.0

3 西場蔵人             72.6

 

グロス結果

1 西場蔵人             69

2 山脇健斗             72

3 小浜照美             79

 

ニアピン賞

3番ホール Morea Ette

7番ホール 西場蔵人

10番ホール 山脇健斗

17番ホール 高橋隆



(2020年7月16日号に掲載)



 

 

 

学習塾 Pi:k にてオンラインクラス開講

これからの社会を生きる子供たちが、グローバル化・デジタル化する社会で「プログラミング的思考(論理的思考力)」を身につけ、幸せに生きられるために、2020年度、ついに日本で「プログラミング」教育が小学校で必修科されました。

アメリカに暮らしている間も、「プログラミング」科目を履修していかないと大きな遅れとなる懸念があります。

また、どこに住んでいても、「プログラミング」を学ぶことは、これからの時代、コンピューターなしでは生きていけないお子さんにとっては大きな夢を広げるきっかけにもなります。

学習塾Pi:kでは、この「プログラミング」クラスをいち早く開講します。

小学生であっても様々なレベルが考えられますので、レベルに応じた多くのコースを用意して、低価格で学べる場所を提供します。

・ オンラインクラス開講日:毎週火・木・金曜日
・ 曜日/時間:受講者の希望に応じて相談の上、決定
・ 月謝:$130(月4回)
・ 無料体験クラスについては、下記までお問い合わせください。



学習塾 Pi:k・日本語補習校
phone: 657-212-5377
www.pq-usa.com



(2020年7月1日号掲載)

「Wizard of Math そろばん教室」オンライン教室開催中!


計算力、集中力、記憶力、忍耐力を育む 「Wizard of Mathそろばん教室」では、 オンライン教室を開催中です。

また、希望者には7月から教室での対面授業も再開いたします。


そろばんは、計算力はもちろん、集中力、記憶力、忍耐力が向上し、右脳の発達にも効果があるといわれます。

近年、日本の学校教育でも見直されつつあります。そろばんを通じてイメージ脳である右脳を開発し、計算の楽しさを学んでいきます。


「Wizard of Mathそろばん教室」では、全珠連アメリカ支部主催全米珠算大会への参加や、日本からの生徒さんとは日米交流会を通じて、そろばん仲間との交流も深めています。

主宰者の滝口詠美先生は次のように話しています。

「通常、サンディエゴとチュラビスタの2か所で開講していますが、新型コロナウイルス感染防止の対策として只今、オンラインクラスを実施しております。

イメージ計算は普通の計算より5から10倍速く処理することが可能です。

そろばんは、子供たちの中に隠されているおどろくような可能性を引き出してくれます。

そろばんは、何歳から始めても上達できますし、指先を動かすことで頭の回転を良くし、暗算も身に付きます。

目の行き届く少人数指導をいたします」。



Wizard of Math
www.wizardofmathsd.com
phone: 619-417-5134

7060 Miramar Rd, #206, San Diego, CA 92126
Otay Ranch, Chula Vista


(2020年7月16日号掲載)

 

7月19日(日)午後1時〜


来たる7月19日(日)、Berkshire Hathaway HomeServicesの不動産ブローカーでお馴染みの白石なおみさんによる「サンディエゴの不動産情報についての無料セミナー」 がオンラインにて開催されます。


「新型コロナパンデミックの影響で、アメリカの不動産市場はどのように変化しているか。サンディエゴでの売却方法の変化、そして、購入について、現在の状況を分かりやすく解説いたします」と白石さん。


・ 日時:2020年7月19日(日)午後1時~2時
・ 場所:ご自宅からZoomビデオでのご参加をお願いします。
・ 対象:不動産売却をお考えの方、購入をご検討されている方、現在の市場状況においての情報を
              知りたい方
・ 参加費:無料
・ 要予約:参加ご希望の方は、お名前、電話番号、メールアドレスをThis email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. まで送信願います。
                 前日までにZoomのリンクをお送りします。



Naomi Shiraishi Cooper (BRE#01029854)
phone: 760-310-8777 or 858-551-3317
E-mail: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
www.NaomiShiraishi.com
www.usa-dreamhome.com


(2020年7月1日号掲載)