MCAS ミラマー エアー ショー 2022

 世界最大級トップレベルの軍事ショー 華麗なブルーエンジェルス編隊飛行

 

MCAS Miramar Air Show 2022
2022/9/23 (金) 〜 9/25 (日)
MCAS Miramar
https://bit.ly/3POh1dG

 

約75万人の観客を集める全米最大のミリタリー航空ショー。

毎年秋になると、カリフォルニア州サンディエゴの海兵隊航空基地ミラマーで開催される壮大なミラマー航空ショーには、何千人もの飛行機ファンが詰めかける。

会場では100機に及ぶ軍用機や民間機に加え、大型輸送機、装甲車、火砲などの陸上兵器のほか、軍事施設と装置も一般公開。アンティークや歴史的な軍用機も多数展示。

国際航空ショー委員会から「世界最高のミリタリー航空ショー」にも選ばれている。

海軍ブルーエンジェルスのアクロバット編隊飛行、米海軍飛行演武隊、米陸軍ゴールデンナイツ、米海軍リープフロッグス、マリンエアグラウンドタスクフォースによるデモンストレーションはどれも見応えがある。

時速120マイル(193,12km)でバトンを渡す飛行機や、12000フィート(3657,6m)で飛ぶアメリカ国旗、その他の素晴らしい空中技やスタントもお見逃しなく。

C-5 Galaxy、B-52 Stratofortress、C-17 Globemaster、KC-135 Stratotankerなどの空軍機、F-16 Falcon、F-15 Eagle、F-22 Raptorなどの戦闘機、その他多くの航空機を目にすることができる。

アメリカ海軍ブルーエンジェルス
ブルーエンジェルスとして知られるアメリカ海軍飛行演武隊は、1940年代以来、紛れもない「ショーの主役」だ。1986年以来、ネイビーブルーとゴールドに塗られたF/A-18ホーネットを操縦するこの空の達人は、海軍の最高級ピストン機とジェット機で優れた空中飛行を披露している。

アメリカ陸軍ゴールデン・ナイツ
パラシュートを故意に切り離す。時速120マイルでバトンを渡す。12,000フィートの上空でアメリカ国旗を掲揚する。標的の真中に着地すること ゴールデン・ナイツは、その空中アクロバット飛行で世界中の観客を魅了してくる。今年で55年目を迎え、老若男女を問わず、その素晴らしい空中技で楽しませてくれるゴールデンナイツは、世界一のパラシュートチームと言われる所以を示し続けている。

アメリカ海軍リープフロッグス
U.S. Navy Parachute Team は、U.S. Navy SEAL と SWCC のコマンドーのみで構成される 15 人のチーム。各メンバーは、東海岸と西海岸にある2つの海軍特殊戦部隊のいずれかから3年間の派遣を受ける。パラシュートチームは1969年、ネイビーシールズとフロッグマンが週末の航空ショーにボランティアで出演したのが始まりだ。パラシュートチームは、1969年に海軍特殊部隊とフロッグマンが週末の航空ショーにボランティアで出演したのが始まりで、1974年に海軍作戦部長によって正式に米海軍パラシュートチーム「リープフロッグス」として任命され、全米で海軍の優秀性を示すという任務を与えられた。リープフロッグスは、海軍のリクルート活動を支援し、米国民に海軍特殊戦コミュニティを宣伝している。

USMC F-35Bライトニング・デモ
F-35Bは、短距離離陸・垂直着陸が可能なため、緊要な基地や様々な航空局の艦船から運用できるように設計されているが、主要基地の長い滑走路から通常の離陸・着陸を行うことも可能だ。F-35Bは、エグリン空軍基地内の統合訓練センターで共同訓練を行っている米国海兵隊と英国に納入されている。STOVL機は、F-35の最初の運用基地であるアリゾナ州ユマ海兵隊航空基地に配備され、メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地で飛行試験が行われている。イタリア空軍もBバリアントを運用する予定。

海上空地任務部隊(MAGTF)デモ
海兵隊空地任務部隊のデモでは、近接航空支援、装甲、砲兵、歩兵部隊の連携プレーを披露する。ホーネットとハリアーは海兵隊の空挺部隊を援護し、ヘリコプターは小隊のライフル兵を運ぶ。C-130が上空で燃料補給を行い、M1-A1戦車とLAVが地上戦をサポートする。空から地上への爆発をシミュレートした壮大な特殊効果も見どころ。

USAF F-22 RaptorデモとP-51ヘリテージフライト
F-22 Raptorは、第4世代のステルス技術を取り入れた第5世代の戦闘機で、過激な操縦能力、アフターバーナーなしで超音速で飛行する能力、前例のないパイロットの状況認識能力を持ち、世界で最も支配的で高度な制空戦闘機となっている。伝説のP-51マスタングは、第二次世界大戦で登場した後、西ヨーロッパの空を支配した。単座機でありながら最高時速437マイルを誇り、ドイツの中心部まで重爆撃機を護衛することができた。P-51とそれを操縦するパイロットは、戦局を連合国側に有利にするために極めて重要であった。

USAF U-2 DRAGON LADY W/ T-38S USAF U-2 ドラゴンレディ w/ T-38s
U-2Sドラゴンレディは、機敏で信頼性の高い高高度の情報・監視・偵察(ISR)機で、24時間365日、世界の安全保障のために飛び回り、比類のない性能を発揮している。T-38タロンは、双発の高高度超音速ジェット練習機で、その設計、運用の経済性、整備の容易さ、高性能、優れた安全記録から、さまざまな役割で使用されている。

USAF C-17 WEST COAST DEMO
C-17 Globemaster IIIは、空輸部隊に入る最も柔軟な貨物機だ。C-17は、兵員やあらゆる種類の貨物を主要な作戦基地に、あるいは展開地域の前方基地に直接、迅速に戦略的に輸送することができる。この航空機は戦術的な空輸と空中投下任務を遂行することができ、航空医療避難の際にリッターや外来患者を輸送することができる。C-17部隊の固有の柔軟性と性能は、米国の世界的な航空機動性の要件を満たすための総合的な空輸システムの能力を向上させる。

RED BULL AIR FORCE (HELO, EDGE 540, WINGSUITS) 民間のパフォーマー

レッドブル空軍(ヘリ、エッジ540、ウィングスーツ)
MIKE GOULIAN AEROBATICS レッドブル・エアフォースは、地球上で最も優秀で経験豊富な航空専門家で構成されるチームだ。高度に連携した空中ジャンプのデモンストレーションを得意とし、人間の飛行の限界に挑み続けている。

マイク・グーリアン エアロバティックス
Goulian Aerosportsは、北米の航空ショーで活躍するプロの航空ショーチームだ。パイロットでありアエロバティックパフォーマーであるマイケル・グーリアンは、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにも参戦し、世界的に活躍している。

ジョン・メルビー エアロバティック
幼い頃、パイロットになることを夢見ていたジョン。伝説のエアショー・パイロット、ボブ・フーバーの故郷のエアショーでのパフォーマンスを見たとき、ジョンは「これだ...エアショー・パイロットになりたいんだ!」と言ったそうだ。航空ショーパイロットになるまでの過程はとても大変だが、それだけの価値がある。2002年以来、ベテランのパイロットとして、北米の航空ショーに出演している。この仕事は、彼に満足感と生きがいを与えている。飛行機で空中を舞うことができるからというだけではあらない。旅先で多くの人に出会えるからだ。

ロブ・ホランド エアロバティックス
ロブのキャリアは、ニューイングランドで航空ショーに出演していた頃から始まった。10代でパイロット免許を取得したロブは、すぐに曲技飛行を始め、企業パイロット、通勤パイロット、バナータワー、飛行教官、フェリーパイロット、そして自身の曲技飛行学校の運営など、貴重な飛行時間と経験を積み重ねた。エアショーのフルタイムパイロットとして18年目を迎えたロブは、これまでにないマニューバーを開発し、革新的な道を切り開いてくる。

ヴィッキー・ベンジング・ステアマン・アエロバティックス
カリフォルニアで生まれ育ったビッキー・ベンジングは、熟練したパイロット、スカイダイバー、曲技飛行士、エアレーサーである。9000時間以上の飛行時間と1300回以上のパラシュートジャンプを経験したヴィッキーは、空中を飛ぶもの全てに情熱を注いでいる。彼女の飛行キャリアは約40年に及び、現在は航空輸送パイロットの資格に加え、ヘリコプター、水上飛行機、グライダーの商業免許を取得している。

ケント・ピエッチ・コメディ
ケント・ピエッチは4歳の時に飛行機に夢中になった。それから50年、彼の情熱は衰えていない。1973年以来、全米で400回以上のショーを行い、何百万人もの人々に驚くべき曲芸飛行を披露している。

ホットストリーク・ジェットトラック
ホットストリークIIは、ツインジェットエンジンを搭載した時速350kmの57年型シェビー・ピックアップで、20年以上にわたって全米のファンを楽しませている。エアショーやドラッグレースなどのイベントで、大地を揺るがすような迫力のあるパフォーマンスをお探しなら、ホットストリークIIジェットトラックのご予約を。

音楽パフォーマー&アナウンサー

ロブ・レイダーは、北米の航空ショーで最も人気のあるアナウンサーだ。彼の才能は、航空ショー業界で最高の賞であるInternational Council of Air Shows "Sword of Excellence "を獲得している。アメリカ中西部のテレビ番組のパーソナリティを務めていたロブは、そのオンエア・パフォーマンスと作曲で5つのエミー賞を受賞している。1978年に初めて航空ショーを発表し、2006年にフルタイムの仕事とした。それ以来、メイン州からカリフォルニア州、そして日本まで、250以上のショーを放送している。今シーズンは、全米各地を20回近く巡回する予定だ。また、海軍ブルーエンジェルス、米空軍サンダーバード、米陸軍ゴールデンナイツパラシュートチームのナレーターコーチも務めている。彼のショービジネスの洞察力、百科事典的な航空知識、経験、そして興奮は、ロブ・レイダーを大陸で最大かつ最も重要な航空ショーの声としてトップレベルに押し上げた。

マット・ジョリーはプロの航空ショーアナウンサーであり、受賞歴のあるジャーナリストでもある。Warbird Radio LIVEのホストとWarbirdRadio.comの創始者として知られている。開局以来100万以上のダウンロードを誇り、2016年には特集報道で全米エドワード・R・マロー賞(broadcastings highest honorsのひとつ)を受賞している。放送番組とWarbirdRadio.comを通して、マットのマイクは2017年、200万人以上の人々に届けられた。その背景には、ストーリーの重要性と、将来の世代のために保存されなければならないという彼の信念がある。

第二次世界大戦中に設立された第三海兵航空団バンド。第二次世界大戦が終わるとすぐに、バンドは活動を停止し、メンバーは中国やハワイの海兵隊航空基地エワに派遣された。1952年、第3海兵航空団音楽隊はフロリダ州マイアミ海兵隊航空基地で正式に再活動し、朝鮮戦争を支援することになった。1957年、第3海兵航空団がカリフォルニア州のエルトロ海兵隊航空基地に移転しても、バンドはマイアミに残り、海兵航空群(MAG)31に配属された。その後、MAG-31に所属する音楽隊は、カリフォルニア州エルトロ海兵隊航空基地にある航空艦隊太平洋音楽隊に統合された。このとき、バンドは第3海兵航空団バンドという称号を得た。第3海兵航空団は、1997年にカリフォルニア州のミラマー海軍航空基地がミラマー海兵隊航空基地に改編されるまで、エルトロに留まった。1997年から1999年にかけて、基地再編の一環として、すべての部隊が海兵隊航空基地エルトロから海兵隊航空基地ミラマーに移転した。1999年1月、バンドは現在のMCASミラマーに移転した。

チケット:
Devil Dog Alleyは、ミリタリーをテーマにした高級感あふれるシャレーで、エアショーセンターの近くにあり、リラックスしながらエアショーを最前列で見ることができる。朝食からランチ、午後の軽食まで、お好きなものをお好きなだけお楽しみいただける。シャレーには、エアショーをテーマにしたカクテルが楽しめるバー、エアショーの記念プログラム、エアショーの記念コイン、快適なラウンジ席が用意されている。Devil Dog Alleyチケットに含まれるものは次の通り:シェード席とラウンジ席、趣向を凝らしたフードステーション、バー、航空ショー記念コイン、別設置のポータブルトイレ、航空ショープログラム。

オンライン料金:大人または子供(3歳以上)$263(金曜)、$331(土曜)、$263(日曜)
Box Office料金:大人または子供(3歳以上)$284(金曜)、$351(土曜)、 $284(日曜)
ミリタリー割引価格:大人または子供(3歳以上) $236(金曜のみ)