sibuya top
 
    渋谷 昌治

英語講師

1966年第11回高松宮杯全日本英語弁論大会優勝、早稲田大学主催全日本学生英語弁論大会優勝。1969年明治学院大学英文学部音声学科卒業。同年東京 アナウンスアカデミー卒業。
日本では、オールナイトニッポンのDJとして活躍。
1969年留学のため渡米。1974年よりサンディエゴに定住。
1976年 「ショージ英会話教室」を開校。


ご質問、ご連絡はこちらまで  
 
column line text932
 

命令文は動詞の原型から?

 

英語の命令文は、なぜ動詞の原形から始まるのでしょう?

よくアメリカ人は Sit down!(座れ!)とか、Be quiet!(静かにしろ!)とか、Let's go!(行こう!)と言いますが、確かにこれらの命令文は、動詞の原形で始まっています。

その理由は諸説ありますが、一番納得のいく理由は、恐らく助動詞が命令文の前に省略されているという説です。

 

例えば、

You should sit down!

Will you be quiet?

(Shall we) Let's go, shall we?

 

の様に言葉が並んでいれば、違和感もありません。

つまり、今日の英語の命令文は、かつて全部、助動詞が前にあり、段々、その言い回しがきつくなり、やがて助動詞を省略して、子供や、犬に対して大人が動詞の原形で文を始める様になったと考えられています。

 

それでは、命令文を使った英語の表現を勉強しましょう。

 

1. Stand up! (立ち上がれ!)

2. Go to bed, right now! (ベットに行け、今すぐ!)

3. Put your stuff away on the table! (テーブルの上の物を片付けろ!)

4. Don't talk to me! (私に話しかけないで!)

5. Be sure to call me tomorrow! (明日必ず私に電話してね!)

6. Let's go fishing next week, shall we? (来週、魚釣りに行こうね!)

7. Look at me! (私を見なさい!)

8. Behave yourself! (行儀良くしなさい!)

 (2018年8月16日号掲載)