『8 時15 分 ヒロシマ 父から娘へ』 特別映像初解禁!

『8 時15 分 ヒロシマ 父から娘へ』
火の海の中、親子は焼けただれた体を引きずってさ迷う




日本国内で特別映像初解禁!

オリジナルトレーラーほか動画3本
<9月24日より配信上映決定>



低予算の自主映画で、無名のアメリカ人(J.R.ヘッフェルフィンガー監督)監督作にもか かわらず、若い世代を中心に満員御礼が続出、この夏異例のスマッシュヒットを記録した原爆のドキュメンタリー映画『8時15分 ヒロシマ 父から娘へ』(7月31日~新宿・ K’s cinema、8月6日~広島・八丁座など全国で上映)。




公開の終了を惜しむ全国からの熱いリクエストが配給会社に相次ぎ、急きょ9月24 日よりオンライン劇場、シネマ 映画.comでの先行配信上映が実現した。





本作は、被爆者の父を被爆二世である娘がインタビューしたドキュメンタリー。




ニュー ヨークの特殊メイクチームが原爆による火傷をかつてないリアルに再現している。





その 映像のニュース(映画.com7月22日配信)が、驚異的な拡散数を記録し、Twitter上では 「原爆の熱による焼け爛れた肌が、その痛みが伝わってくる」などストレートな映像表現だからこそ若い世代にささったとみられる。




YouTube 予告編再生回数も計70 万回に迫る勢いだ。




アクセスランキングで、前週の99 位から驚異のジャンプアップで2 位、「映画.com 週 間注目度ランキング2位」ニュース(7 月26 日)でも取り上げられ、映画.com 編集部 でも「なんだろうこれは」とこの現象が話題となった。


配信上映決定を記念し、本国版オリジナルトレーラーを解禁。




原爆投下後、火の海の中、父と息子は想像を絶する苦痛の中、ひどく焼けただれた体を引きずって、救助を探し彷徨う。




親子の姿を、美しい旋律とリアリティある特殊メイクによる再現映像で綴る。




そのほか、動画を3本、コメントを2本、スチール3点、あわせて初解禁される。



配信詳細

映画.com が手がけるオンライン上の映画館「シネマ映画.com」のプレミアムスクリー ンにて、9月24日(金)より日本国内で先行独占配信スタート。




昨今の外出自粛等で観たくても劇場まで足を運べなかった方も、自宅で観ることができる。

シネマ映画.com『8 時15 分 ヒロシマ 父から娘へ』
プレミアムスクリーン

配信期間:9/24(金)~10/21(木)予定

鑑賞料金:1,000円(税込)

特別動画が9月23日午前 9時 解禁される。




予告編&動画情報

「オリジナルトレーラー」
https://youtu.be/OC0giJE-eCo
https://37.gigafile.nu/1005-c32e4c1d31497080c813fcb3f228b3c32

「これは父の物語」
https://youtu.be/iG5qVDyyd_c
https://36.gigafile.nu/1001-l43afd802871b83cd544651619c7cf4ab

「広島東照宮」
https://youtu.be/QwfMF78WdvE
https://36.gigafile.nu/1001-i5711a5da0fe6a8b3417f00884c67f3f2

「盗まれた懐中時計」
https://youtu.be/SWH_h3fXi5M
https://36.gigafile.nu/1001-lb06c3a227d7a71247c8c890b647ebb14



コメント

シネマ映画.com 番組編成担当

「映画.com 週間注目度ランキング2位」になり、映画.com編集部でも「なんだろうこれは」と話題になっていましたので、本作品を拝見させていただきました。




壮絶な体験 をされた美甘進示さんの国や文化、言語を超えた平和への真摯なメッセージに大変感動 し、また、本作が若いアメリカの才能たちの手で映画化されたことにも大きな意義があると思い、日本中の少しでも多くの方にこの映画を届けたいという気持ちでオファーさ せていただきました!

 

美甘章子 原作著者/エグゼクティブ・プロデューサー

コロナ禍ということもあり、映画館にはなかなか行けないという方はたくさんいらっし ゃると思うので、ぜひ配信版で全編を観て欲しいです。




51分と短い映画なので、大作のように構えず、空き時間に見るドラマ感覚でも鑑賞できると思います。




こういったこと が現実にあったのだと知って、自分の生活の中で何ができるのか考えられる作品です。



作品概要

1945 年8 月6 日、8 時15 分。




広島に投下された原子爆弾を、爆心地より1.2km の至近 距離で被爆した父・美甘進示の壮絶な体験を、娘の章子が聞き取り、2013年に英語で書籍化。




2014 年に日本語版で執筆・出版された書籍:「8 時15 分 ヒロシマで生きぬいて 許す心」を原作として、2020年に映画化した作品。




地獄の様な状況にあっても、生きる ことを諦めなかった父の想いと、父から娘へと受け継がれた、世界の平和を叶えるため の大切なメッセージは、アメリカの心を大きく揺さぶり、ナッシュビル映画祭では観客 賞を受賞という歴史的快挙達成。




2021年に全国公開となった。




(2020年/アメリカ/51分/シネスコ/5.1ch/原題「8:15」)

配給:新日本映画社(甲斐)03(3496)4871    このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

取材・問い合わせ:石田直子 090(1843) 6886    このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。