在ロサンゼルス総領事館からのお知らせ 領事窓口の予約制及び業務取扱いの変更(邦人窓口の全日再開)について

当館では、新型コロナウイルスの影響下においても、在留邦人の皆様が領事窓口を継続してご利用いただけるよう、カリフォルニア州及びロサンゼルス郡・市当局のガイドライン等を踏まえ、業務取扱時間等を一部変更して、急を要する方を優先して対応しております。

ワクチン接種が進み、感染者数が減少傾向にありますが、当館は、引き続き皆様に安心してご来館いただけるよう努めて参りますので、安全確保のための感染防止対策にご理解とご協力をお願い申し上げます。  

現在、邦人の皆様に対する領事窓口の取扱い時間は全日となっております。

引き続き、領事窓口ご利用の際は、以下の要領にて、ご来館前に予約手続をお取り願います。  

人命に関わる緊急のご事情がある場合には、いつでもお電話(213-617-6700)でご相談ください。

  1. 領事窓口の予約制による取扱い日時:月曜日から金曜日(休館日除く)9:30am〜11:30am、1:15pm〜4:15pm
    【注意】ご来館の際は、フェイスカバー(マスク)の着用をお願いします。
    フェイスカバー(マスク)着用のない方は、当館入居ビルへ入構できません。
    体調の悪い方は、体調が回復されてからご来館願います。

  2. 2電話対応日時:月曜日から金曜日(休館日除く)9:30am〜12:00pm、1:00pm〜5:00pm

  3. 事前予約を必要とする領事業務(「申請」と「交付」で窓口が異なります)
    (1)パスポート:「申請」または「交付(受領)」
    (2)「和文」証明書:「申請」(申請窓口を予約してください)
    (3)「英文」証明書:「申請」または「交付(受領)」
    (4)在外選挙人名簿の登録:「申請」

    【注意】
    (1) 戸籍・国籍関係の届出(不受理申出,同取り下げ,国籍離脱を除く)、小・中学生の教科書受け取りは、郵送で受け付けています。
    提出期限の迫った戸籍届出など来館の必要がある場合には、お電話(213-617-6700)でご相談ください。
    在留届は、オンラインで提出可能です。
    (2) 日本年金機構では、在外公館が発行する在留証明書類以外に、ご自身で英文の住所証明書類を作成(年金機構の通知に同封された英文ひな形も使用可能)し、ノータリーパブリックにてノータライズ(公証)を受けたものも提出可能とされていますので、ご都合に合わせてご利用下さい。

  4. 予約方法:予約時間は,来館指定時間となります。
    5分前までは、ロビー階でご待機願います。
    予約時間から30分を経過しますと、自動的に予約はキャンセルされます。
    入室後に整理券をお取りください。順番に対応いたします。
    ID番号のない方(お忘れの方)は、窓口の取扱いや入室をお断りする場合があります。
    ご家族での申請や個人で複数の申請を同時に行う場合は、1つの予約を取得してください。
    予約画面の最後に表示される予約ID番号は、画面印刷、スクリーンショット(写真)やメモ等にして、当日忘れずにご持参ください。
    メール等での通知はされません。

 

予約手順、予約のキャンセル方法、そのほかの詳細は、https://bit.ly/3wml3kxをご覧ください。

Consulate General of Japan, Los Angeles
350 South Grand Ave., #1700 Los Angeles, CA 90071
☎ 213-617-6700 FAX 213-617-6725
www.la.us.emb-japan.go.jp

(2022年1月16日号掲載)