「サンディエゴ コミコン」オンラインで7月22日から開催!

バーチャルイベント「コミコン@ホーム」7月22日〜26日
無料で視聴可能!お家からコミコンに参加しよう!

YouTubeの『Comic-Con International』に登録し、“ベル”のマークをタップして通知をオンに

新型コロナウイルスの影響で今年は中止となったサンディエゴ・コミコンが、7月22日から26日までバーチャルイベント「コミコン@ホーム」を開催する。

コミコン・アット・ホーム(Comic-Con@Home)では、オンライン展示ホールを設け、会場でしか手に入らない限定商品などが購入できるという。

さらに、映画・ドラマ・コミックなどに関するパネルディスカッションやプレゼンテーションもバーチャルで開催され、多くのスタジオ・出版社が出席する予定。

他にもコスプレを楽しむための仮装パーティーや、幅広いアクティビティなど、自宅からでも楽しめるコンテンツが企画されているという。


コミコンへの参加は通常、チケット代わりとなる「バッジ」の購入が必要だが、「コミコン@ホーム」ではその必要もなく、無料で視聴可能。

家にいることが多くなっているいまの時期、「好きなお菓子を片手に。駐車場は無料だし、行列ナシ!」と気軽に観られるイベントとして、これまでコミコンを訪れたことのなかった人たちの注目も浴びそうだ。

また、例年バッジが短期間で完売してしまうため、「やっと初めてコミコンに参加できる」と喜ぶ声も上がっている。


主催者は「準備は至ってシンプル。YouTubeの『Comic-Con International』公式チャンネルを登録し、“ベル”のマークをタップして通知をオンに」と呼びかけている。

 


なお、期間中には300から400ものパネルが行われるが、そのほぼ全てが生中継ではなく事前に録画したものになると主催者が明らかにした。注目のパネルは次の通り。

Amazon Prime Videoでは、バーチャルイベント「Amazon Virtual-Con」として、次の4作品のパネルイベントを開催する。

人気作「ザ・ボーイズ」、「アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~」、ホラー・コメディシリーズ「Truth Seekers」(原題)、「Utopia」(原題)など。Prime会員はAmazon Virtual-Conでも視聴できる。

また、日本でも大人気のドラマ「ウォーキング・デッド」は最新スピンオフを含めた3作品が登場する。

そして、HBO MaxやNetflix、AppleTV+などの新作、「メンタルヘルス、ポップカルチャーとパンデミック」についての討論をはじめ、BLMやLGBTQに関するパネルも予定されている。

 
コミコン・アット・ホーム(Comic-Con@Home)のスケジュールは次の通り。
Wednesday, July 22 Program Schedule
Thursday, July 23 Program Schedule
Friday, July 24 Program Schedule
Saturday, July 25 Program Schedule
Sunday, July 26 Program Schedule

広報担当のデビッド・グランツァー氏は、声明で「50年の歴史の中で初めて、バーチャルで世界中のみなさんをお迎えできることを嬉しく思います」とコメント。

 「『ステイ・ホーム』という難しい時期ではありますが、このイベントが喜びを提供する機会となり、私たちのコミュニティーをさらに強固なものにできると見込んでおります」と期待を寄せている。