Thursday, 30 May 2024

「ニューヨークぴんぼけエッセイ:コロナから始まった今と未来」キンドル・パブリッシングで世界発売!

マークリエーション・インクとヨミタイム・インクが共同で手掛ける新プロジェクト「ワームブックス(WormBooks)」から、河野洋と森田統明によるフォトエッセイ「ニューヨークぴんぼけエッセイ:コロナから始まった今と未来」がリリース(アマゾンAmazon )されました。

二人はニューヨークを拠点に活動するクリエイターで、この作品ではパーソナルなエッセイと生き生きとした写真を通じて、コロナパンデミック中および後のニューヨークの真髄を捉えています。

この88ページ、フルカラーのペーパーバックは、2020年4月から始まる河野のエッセイと、森田が報道やプライベートで撮影したニューヨークの情景写真で構成されています。

彼らは「withコロナ」時代を生き抜きながら、「postコロナ」の現在をどう生きるか、社会の変化とその適応を時間をかけて振り返ります。
デジタル版は4月6日に発表され、世界各地のアマゾンで販売中です。

この出版は、主にエンターテイメントを企画・支援するマークリエーション・インクと、ニューヨークでフリーペーパー「よみタイム」を発行するヨミタイム・インクによる共同プロジェクトの一環で、異業種コラボの新たな取り組みです。

ワームブックスでは、キンドル・パブリッシングを活用して出版・販売をサポートし、高額だった自費出版をリーズナブルな価格で提供しています。

新刊詳細:
    •    タイトル: ニューヨークぴんぼけエッセイ:コロナから始まった今と未来
    •    形態: ペーパーバック、88ページ、フルカラー
    •    販売: アマゾン(米国および日本)
    •    米国アマゾン購入リンク
    •    日本アマゾン購入リンク
    •    表紙画像ダウンロード

作家プロフィール:

筆者:河野洋(Hiroshi Kono)
名古屋市出身、1992年来米、ニューヨーク在住。2003年に自社「Mar Creation, Inc.」を設立。
「ニューヨーク・ジャパン・シネフェスト」(2012年~)、「シカゴ日本映画コレクティブ」(2021年~)などを主宰し、数々の映画祭ディレクターとして活動。
2022年には短編ドキュメンタリー映画「守破離」をプロデュース。また、自身の音楽プロジェクト「Mar Project」で2枚のアルバムを発表、音楽プロデューサーとしても活動。
ライターとしては、2012年から「よみタイム」で連載コラム「オンガク喫茶」を4年越しで100本以上連載。その他、映画評やアーティスト・インタビューなどを手掛ける。
2021年には、トルコ在住の画家アヤ・マーレーと「AYA-MARC.」を結成、絵画と詩のコラボ作品集「飛翔天海」と「IZUMO新波」全28作品をリモート創作し、同年、出雲市と名古屋市で個展を開催した。

写真:森田統明(Tomei Morita)
大阪府出身、1989年来米、ニューヨーク在住。
ファッション関連の貿易会社に勤務しながら、フリーライターとして活動。
ファッションだけでなく、ニューヨークの街ネタや旅行者向けの情報などを日本の出版社へ提供。
加えて、ニューヨーク在住のアーティストや、同地を訪れた歌手、パフォーマー、俳優、映画監督などのインタビューなども手掛ける。趣味のゴルフが高じて、「ゴルフ場紹介記事」を担当、ニューヨーク近郊のコースをほとんど制覇したと自負する。
仕事の一環として写真を撮ることが多かったことから、その面白さに目覚め、近年では、ニューヨークの街角で見つけた「興味深いもの」を切り撮ることに努めている。

 

お問い合わせ:
    •    キンドル出版の問い合わせ: ワームブックス, ワームブックスのウェブサイト, メール: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
    •    報道関係の方からのお問い合わせ先: 河野洋, メール: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
    •    その他の連絡先: マークリエーション・インク (メール: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.) / ヨミタイム