Friday, 19 April 2024

アメリカの学校生活を成功させるためのアドバイス (2)(2013.12.16)

ikuei top

sakurai
櫻井 真理

育英セミナー・サンディエゴ校室長

日本の某高校にて国語教諭として勤務。その後、育英セミナーの教育活動に賛同して転職。
現在はサンディエゴ校室長として海外子女教育に力を注ぐ。

詳細はウェブサイト まで。



ご質問、ご連絡はこちらまで  

 

column line
 

アメリカの学校生活を成功させるためのアドバイス(2)

 

Q 渡米したばかりで、現地校での勉強について不安を感じています。アドバイスをいただけますか?

 

A 現地校に通い始めのころは、率直に言えば教室内では「お客さん」状態になります。

英語で話されることが理解できず、膨大な単語を覚えることだけで手一杯のため、概念を学ぶところまでは至らないケースが多く見られます。

現地校にいる時間が「お客さん」状態である分、概念を日本語で学習しながら、学年相応の知識を身につけていくことが大切です。

 

 

また、現地校の英語環境で、周りで言われていることがぼんやりとしか分からないために不安を感じているお子さんにとって、明確に理解できる日本語で学習することは安心にもつながります。

 

 

英語で学ぶことにこだわらず、臨機応変に日本語を介在しながら学習することも大切でしょう。

 

 

 

 

 

Q 渡米したばかりなのですが、3年後くらいには帰国になると思います。

現地校での勉強をしながら、日本式の勉強を続けるのは大変なので、現地校に慣れてから日本式の勉強を再開したいと思うのですが、どう思われますか?

 

A 3〜5年後に日本への帰国が明確に決まっているケースなら、帰国後の学習環境への適応で問題を増やさないためにも、日本式学習を中断することは避けたほうがいいでしょう。

補習校や塾などで、中学3年生までの学年相応の国語と数学は継続学習をしていくことを強くお勧めいたします。

 

日本式学習を再開する時には、中断前の学年内容まで忘れてしまっているケースがほとんどです。

 

 

そうなると学年を戻って復習してから、本来の学年の学習に追いつかなければならず、大きな負担となります。

 

 

 

 

両立することは子どもの学習負担を増やすのでは…と不安を感じるかもしれませんが、塾や補習校など、日本語学習環境での友達ができることによって、大変なのは自分だけではないと心強く感じたり、海外で学校に通う大変さについて分かち合える友達との深い絆を得たり、海外で学ぶ大変さに共感して子どもの声を受け止めて指導をしてくれる先生と出会ったりするのも、日本式学習を続けてこそ実現できることだと、親御さんがポジティブに捉えてみることも大切です。

 

 

 

 

日本から離れているにもかかわらず、日本式の学習が日本の一般的なお子さんに負けず劣らずにできるということは、英語と日本語の二重の学習負担を克服したという意味で、大きな自信にもつながります。

 

 

どうぞ、お子さまの力を信頼して、励ましてあげてください。

 

 

お子さんも努力してみようという前向きな気持ちになることでしょう。

 

 

 

 

X X X X X

 

 

 

 

育英セミナー・サンディエゴ校では、お子さんの英語力を高める各種授業や日本式学習授業を設け、海外で学ぶお子さんの学習をサポートしています。

 

 

お問い合わせは This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. または ☎858-674-9866まで。

 

 

 

 

 


(2013年12月16日号掲載)

​