Sunday, 16 June 2024

AndroidとiPhoneってどう違うの?(2)(2012.11.1)

asada 2

asadasan.jpg麻田 貴平

(株)テイクワン システムズ・サンディエゴ代表

南カリフォルニア大学(USC)卒。
青山会計コンサルタント事務所、太田昭和コンサルタント事務所を経て、2007年よりテイクワン システムズ・サンディエゴ代表。



ご質問、ご連絡はこちらまで

 

 

column line
 
 AndroidとiPhoneってどう違うの?(2)

スマートフォンの売り場には様々な端末が並び、携帯電話からの乗り換えを考える人も増えてきました。

その際、多くの人が陥るのが「AndroidとiPhoneってどう違うの?」ということ。

予備知識のない人にとっては、見た目もよく似ているし、どちらを使えばいいのかよく分からないと思います。

実際のところ、AndroidスマートフォンとiPhoneは似て非なるもの。

Android(アンドロイド)スマートフォンはGoogle社のAndroidという基本ソフトを搭載したスマートフォン全般のこと。

Androidは広く公開されているため、様々なメーカーが端末を製造することができます。

一方、iPhoneは Apple社が基本ソフトからハードウェアまで独自に開発した製品。

パソコンでいうところの Android=Windows、iPhone=Macと考えると、その関係性が想像しやすいでしょう。

前回に引き続き、AndroidスマートフォンとiPhoneを比較してみたいと思います。

 

 

各種操作を比較

AndroidスマートフォンとiPhoneはいずれもタッチパネルで操作を行います。

タップやスワイプ、フリック、ピンチイン・ピンチアウトなどタッチパネルだからこそできる操作が、携帯電話とは違うスマートフォン全体の特徴と言えるでしょう。

一見同じような操作方法でありながらも、双方に違いがあります。

・ Androidスマートフォン:Androidスマートフォンは、メインとなるホームボタンの他に戻るボタン、メニューボタン、検索ボタンなどを持っています。アプリのカスタマイズ性やAndroidのアプリ間での連携など、Androidの利便性が色濃く出ている部分だと思います。

 

・ iPhone:一方、iPhoneはホームボタンが1つだけというシンプルな造りになっています。基本的にボタン1つで済んでしまうので、操作に迷うことはありません。

また、不在着信や新着メールを表示するプッシュ通知機能が搭載されており、ホーム画面などに受信・着信相手がそのまま表示されます。確認忘れを回避しやすいありがたい機能と言えるでしょう。

 

 

カスタマイズ性を比較

・ Androidスマートフォン:Androidスマートフォンの真骨頂は、そのカスタマイズ性と言っても過言ではありません。アニメーション表示が可能な「ライブ壁紙」の設定や、簡易アプリをホーム画面に貼り付けられる「ウィジェット」、よく使うアイコンのみを表示する「ショートカット」など、エンターテイメント性を持ったダイナミックなカスタマイズができます。

また、メーカーが独自でデザインしているホーム画面を、「ホームアプリ」と呼ばれる着せ替えアプリをインストールするだけで、丸ごと変更できるのも特徴的です。デザイン性を重視するか、使いやすさを重視するか、好みに合わせてオリジナルのホーム画面を作ることができるのは Android スマートフォンユーザーの特権です。

そのほか、文字入力はアプリとして提供されているので、自分が使いやすい文字入力アプリを導入することができます。カーソル移動キー(←・→)があるのも便利です。

 

・ iPhone:アイコンの配置や壁紙の変更といった基本的な変更しかできません。アプリが増えてくれば、ジャンル別にフォルダ分けをして見やすくすることが可能です。

 

 

アクセサリーの種類を比較

家電量販店や携帯電話売り場などには数多くのアクセサリーや付属品が販売されています。機種自体に種類の差があるため、機種が少ないiPhoneのバリエーションの多さが目立ちます。

 

・ Androidスマートフォン:Androidスマートフォンは機種が数多くあるので、1機種あたりのバリエーションでは iPhone に敵いません。ただ、Android端末自体に豊富なカラーバリエーションが展開されており、好みの色を選べることが購入動機になっているケースも多く、アクセサリーで飾ることなく、本体むき出しのままで楽しむ人がいるのも特徴的です。

 

・ iPhone:iPhoneは全世界で1機種のみを販売しているとあって、関連のアクセサリーは数多くあります。ケース以外にも、コネクタ形状が iPod と同じということもあり、スピーカーやマイク、充電器など様々なアクセサリーが揃っています。

 

 

まとめ

5つに分けて特徴や違いを考察してきましたが、一言でまとめるとすれば、「ソフトウェア・ハードウェアの柔軟性を活かした多彩な端末ラインナップがあるのがAndroidスマートフォン」、「一貫したデザインやサービス、クオリティを保証してくれるのがiPhone」だと言えそうです。

iPhone と Android スマートフォンは同じスマートフォンですが、やはり似て非なるものであり、それぞれの目指す方向性が違うことがよく分かります。

キャリアの問題などもあるかと思いますが、どちらが自分のライフスタイルに合っているのか、本記事が考慮の参考となれば幸いです。


(2012年11月1日号掲載)

​