Friday, 12 July 2024

ロサンゼルスで爆破テロ計画か

ロサンゼルスで爆破テロ計画か

イスラム教徒の元米兵逮捕

2019年5月1日


米連邦捜査局 (FBI) は、ロサンゼルス郊外で爆破テロを計画したとして、元米兵の男 (26) を逮捕した。

連邦検察が4月29日に発表した。

男はアフガニスタンに派兵された後、イスラム教徒に改宗。

3月にニュージーランドのモスク (イスラム教礼拝所) で50人が死亡した銃乱射事件の報復を狙っていたとしている。

発表によると、マーク・ドミンゴ容疑者。

28日にLA郊外で予定されていた白人至上主義者の集会で爆弾を爆破させるなどのテロ計画を立てていた疑いが持たれている。

FBIのおとり捜査官が容疑者と接触を続け、26日に拘束。

爆破装置や殺傷能力を高める目的とみられる大量のくぎ、自動小銃などを購入しており、検察は「訓練を受けた兵士による現実の脅威だった」と指摘した。

容疑者は同捜査官に、過激派組織「イスラム国」 (IS) への支持を表明し、自らの行為を「聖戦」と強調。

ラスベガスで2017年、58人が死亡した銃乱射と同様の無差別テロを、観光客が集まるサンタモニカなどで起こす考えも明らかにしていた。

*写真はイメージ


(2019年5月16日号掲載)