Tuesday, 23 July 2024

共和党議員とすきま風

共和党議員とすきま風

最大危機のトランプ氏

2019年9月28日

© Showall / shutterstock.com
トランプ大統領が自身の再選に有利な情報を得るため、ウクライナ首脳との電話会談に 臨んだ疑惑を告発した文書が公表された。

これを受け、政権を支える共和党の一部議員と トランプ氏との間にすきま風が吹き始めた。

党の「団結」を訴えるトランプ氏だが、微妙な距離を保つ有力議員も出始めている。

ウク ライナ疑惑で政権発足以来最大級の危機を迎えたトランプ氏は、告発者や情報源の当局者 を徹底的に締め付ける構えだ。

「厄介だ」。

2012 年大統領選の共和党候補だったロムニー上院議員、将来の大統領候補 と目されるサス上院議員は同じ言葉でトランプ氏を批判した。

2016 年大統領選で共和党指名を争ったルビオ上院議員も「告発文書は深刻な疑惑を提 起した。真偽を確認する必要がある」と発言。

2日前にはトランプ氏弾劾に向けた調査入り を発表した民主党を激しく非難した上院トップのマコネル院内総務も、9 月26 日はノーコ メントを貫き、告発内容の衝撃度をうかがわせた。

一方で、トランプ氏は「民主党は共和党を破壊しようとしている。団結して闘おう。国が 危機に瀕 ( ひん) している」とツイッターで呼び掛けた。告発はトランプ氏やホワイトハウス 高官の言動を問題視したが、トランプ氏はそれを共和党全体への攻撃であるかのように摺り 替え、一枚岩で対抗するべきだと訴えた。

トランプ氏が再選を果たすには、共和党支持層からの圧倒的支持率を維持することが必 須だ。

党内でトランプ氏離れが強まれば、再選は一気に危うくなる。

党内の支持固めを狙い、民主党やメディアへの攻撃を強め、社会の分断を一層煽 ( あお) るような言動が増えることも予想される。

トランプ氏は9 月26 日、米国連代表部職員らを 招いたニューヨークでの会合で、告発者やメディア、民主党との間で「 戦争」 状態にあると 宣言。

今後は政権内で情報源の洗い出しと締め付け強化を図る方針だが、「やられた以上に やりかえす」 ( 米メディア) トランプ氏の「恐怖」を用いた政権運営手法も激化しそうだ。


(2019年10月16日号掲載)