Wednesday, 22 May 2024

コレステロール降下剤とグレープフルーツの危険な反応(2014.12.1)

son top
son_new8.jpg曽 碧光

米国中医薬研究所所長

1932年台湾に生まれる。
東京大学農芸化学修士、米国カンサス大学微生物学修士、東京大学薬学博士、 元米国コネチカット大学病理学助教授、
第1 回世界中西医結合大会審査委員、セント・エリザベス病院 (ボストン) 筋ジストロフィー主任研究員、ドライ・アイ眼科研究所生化学顧問、元米国漢方研究所所長、現米国中医薬研究所所長。


ご質問、ご連絡はこちらまで

 

 

koramu_560_new.jpg
 
コレステロール降下剤とグレープフルーツの危険な反応
       

Q : 私のコレステロールの値はいつも240から260くらいですが、医師から200くらいまで下げるようにと言われました。

最初に処方してもらったコレステロール降下剤はLescolで、その降下剤のお陰で220に下がりましたが、医師はもう少し下げた方がいいと言ってZocorに切り替えました。

コレステロール値は200になりましたが、筋肉の痛みが起こるようになりました。

医師は私の筋肉痛はZocorによるものではないと言いながらも、Lipitorという別のコレステロール降下剤に切り替えました。

コレステロール値は180に下がりましたが、以前として肩、首や足の痛みに悩まされています。


 私はグレープフルーツが好きで毎日食べています。グレープフルーツはよく薬と反応すると雑誌で読んだことがありますが、私の筋肉痛はグレープフルーツとコレステロール降下剤を一緒に摂っているせいでしょうか。

また、コレステロールを下げる漢方がありましたら、お教えください。

 

 
A : Lipitor または Zocor のようなコレステロール降下剤を摂っている時に、筋肉痛や筋肉衰弱が起こったら、身体から危険信号が発せられたことになります。

これは筋肉崩壊のシグナルで、命取りになることがよくあります。

LipitorとZocorはかなり強いコレステロール降下剤で、肝臓や腎臓にも損傷を与えるので、最小限度1か月に1回血液検査をして、その副作用を調べることになっています。


 コレステロール降下剤をグレープフルーツと一緒に摂ると、グレープフルーツは血液中におけるコレステロール降下剤のレベルを上げて、副作用を強めるので、筋肉痛や筋肉衰弱の症状を起こすことになります。 

筋肉痛などの筋肉崩壊の副作用を避けるために、即効コレステロール降下剤からコレステロールを下げる漢方霊芝降脂健心湯に切り替えてください。

食事も脂肪分の少ないものにすれば、漢方で上手くコレステロールをコントロールすることができます。


 













 
(2014年12月1日号掲載)      

​