Wednesday, 24 April 2024

iPadって買い?(その2)(2011.1.1)

take1_topimage

 
 
asadasan.jpg     麻田 貴平

(株)テイクワン システムズ・サンディエゴ代表

南カリフォルニア大学(USC)卒。
青山会計コンサルタント事務所、太田昭和コンサルタント事務所を経て、2007年よりテイクワン システムズ・サンディエゴ代表。


ご質問、ご連絡はこちらまで  
       
koramu_560_new.jpg
 
iPadって買い?(その2)
       

前回 (11月1日号) に続きApple iPadのご紹介をします。
 

 

Q. 純正アプリの使い勝手はどうですか。
 

A. Google Maps と Safari の使い勝手は、もはや iPhone に戻りたくなくなるし、ネットブックも比較にならないくらい快適です。

本当にネットブックを蹴散らす快適さがあります。

「今どきタッチパッドなんて」と思えるようになってもおかしくありません。

文章書きとウェブブラウズは縦画面が良いです。ワイドとかダメ。
 

 

 

Q. 本当に本を読むのに相応しいのですか。

 
A. これは人それぞれですが、少なくとも新聞・雑誌・コミックは (愛蔵したいものを除けば) 紙ベースのものは要らないでしょう。

無駄に場所を取ることを考えたら尚更です。

ちり紙行きの新聞・雑誌は当然ですし、大量にあるコミックを全て PDF化しておきたいです。

 少なくとも PDF化したコミックを読むのに何の支障もありません。

iPhoneでは産経新聞アプリも青空文庫や電子書籍アプリも、PDF化したコミックもサンプルやデモ程度にしか使ってませんでしたが、iPad ならお金を払うのに躊躇しない、本屋で買うのと同じ感覚です。
 

ただ、小説については、私はまだ紙で読みたいですし、液晶だと小説に没頭すると目が悪くなりそうと思っていますが、「いや、俺は小説も全部こっちでいい」という人もいました。
 

 

 

Q. 使い方はすぐ分かりますか。
 

A. iPhoneとほぼ同じです。iPhoneやiPod touchを使っていれば、即使いこなせます。そうでなくても、感覚的に使えるのが iPhone OS 系デバイスの良いところ。マニュアルなしですしね。
 

 

 

Q. iPhoneアプリは本当に使えるのですか。


A. 使えます。ただ、一度 iPadに最適化されたアプリを使うと文字の綺麗さが違うので、iPhoneアプリをiPad で使うのはやむを得ない時、代替アプリがない時だけですね。
 

 

 

Q. iPhoneアプリ使用時の2倍モードはどうですか。

 
A. 文字も含めてガタガタで荒くなるので、あまり使いたくない感じですが、「等倍で画面中央に小さく表示させているよりはマシかな」と思う場合が多いです。

特に、文章を読む系のアプリは iPhoneアプリの使用は厳しいです。
 

 

 

Q. iPad用のアプリはもう揃っているのですか。
 

A. ジャンルによって極端な印象ですが、トータルとしてはまだまだでしょう。

音楽制作系やお絵描き系はそこそこ出てきていますが、とにかくRSSリーダーと twitter クライアントがまだまだです。

もちろん日本製アプリもごく僅かですから、こればっかりは iPad 国内販売以後なのは仕方がないかと思います。
 

 

 

Q. 再生可能な動画仕様は iPhone と変化がありますか。


A. あります。

まだ試行錯誤中ですが範囲が広がってます。

また、iTunes 経由で転送できる動画はDVDサイズ以上でもOK になったりと、かなり差があります。いろいろと確認中です。

 

 

Q. 画面回転ロックスイッチが新設された分、消音スイッチがなくなりましたよね。
 

A. ボリューム下向きを長押し (実際には中押しくらい) でミュートになります。
 

 

 

Q. ネットブックやノートパソコンと比較してどうですか。
 

A. 使うべきシーンが違います。

何かを作るならノートパソコン。

何かを見る (消費する) なら断然 iPad。

少なくともネットブック本来の用途とされてきたネットブラウズ、メールなどは断然iPad。

それらの用途だけなら、もうネットブックを使いたいとは思わないでしょう。
 

 

 

Q. iPhoneと直接連携はできますか。

 
A. iPhoneと直接データーをやり取りできるのは「Bump!」や「Mover」など一部のアプリだけで、アドレスデータや写真のやり取りだけです。

クラウドサービスを通してなら「evernote」などがあります。

 

 

Q. iPadにはカメラがありませんが、カメラ機能を使いたい時はどうするのですか。
 

A. iPhoneと iPadを Wi-Fi またはBluetooth を通じて接続し、iPhoneのカメラをiPad で使う Camera for iPad というアプリがあります。

転送に時間は少しかかりますが、実用範囲内でしょう。

Moverというアプリを使えば、iPhoneで撮影した写真データをオリジナルサイズのまま iPadへ転送できます。

少なくとも私はこれで iPad にカメラが無いことに不満はなくなりました (Skype のビデオチャットをしないので)。
 

 

 

Q. 取りあえず購入するとしたら、ポイントは何でしょうか。
 

A. 少しでも持ち出す気持ちがあるなら外での通信手段は確保すべきでしょう。

Google Maps や Safari など iPadで魅力を発揮するものは、やはりネット接続を必要とするものが多いので、そこは考えてから買った方がよいと思います。



(2011年1月1日号掲載)      

​