Monday, 24 June 2024

黒人女性3大ミスコン制覇

黒人女性3大ミスコン制覇

米国で初、人種の壁越え評価

2019年5月9日

© Joseph Sohm / shutterstock.com

5月8日までに行われた米国を代表する今年の3大ミスコンテストで、黒人女性3人がそれぞれ栄冠に輝き、史上初の同時制覇を果たした。

「ミス・アメリカ」 の昨年9月の大会で優勝したオペラ歌手ニア・フランクリンさん (25) は「奴隷制度の歴史を持つ米国では、人種の違いは重要な問題だ」と意義を強調した。

ミス・アメリカは1940年代まで白人以外は出場を認められていなかった。

黒人の初参加は1970年。

歌手バネッサ・ウィリアムスさんが1983年に黒人として初めて優勝した。

他のミスコンは今年4月の 「ミス・ティーン USA」 と5月の 「ミス USA」。

生まれつき縮れ毛のケイリー・ガリスさん (18) と、不公正な判決を受けた囚人の支援活動を続ける弁護士チェスリー・クリストさん (28) がそれぞれ優勝した。

米国では映画界で続出したセクハラ問題を機に性被害を告発する「#MeToo (私も)」運動が広がり、ミスコンは女性を外見で判断し、性の道具として扱う差別の “象徴” と非難されていた。

こうした世論の高まりを受け、昨年9月のミス・アメリカ大会では1921年の開始以来初めて水着審査が実施されなかった。

*写真はイメージ


(2019年6月1日号掲載)