Wednesday, 24 April 2024

家の上に? (2013.2.16)

 

 

sibuya top
shibuya_new3.jpg 渋谷 昌治

英語講師

1966年第11回高松宮杯全日本英語弁論大会優勝、早稲田大学主催全日本学生英語弁論大会優勝。1969年明治学院大学英文学部音声学科卒業。同年東京 アナウンスアカデミー卒業。
日本では、オールナイトニッポンのDJとして活躍。
1969年留学のため渡米。1974年よりサンディエゴに定住。
1976年 「ショージ英会話教室」を開校。


ご質問、ご連絡はこちらまで
column line text932
家の上に?

「On the house」という表現を文字通り訳すと、「家の上に」になりますが、熟語としては、「お店のおごりで」とか、「無料で」という意味で、アメリカの日常生活では、よく使われる表現です。

特にレストラン関係の人は、常連のお客さんに、サービスで、無料の食べ物や、飲み物を出す時に、

“This is on the house .”(これは、お店のサービスです。)

と言って出します。

 

または、レストランのオーナーやマネージャーが、

“This is on me.”と言って、お客さんに何かをサービスで出せば、

「これは、私のおごりです。」という意味にもなりますし、

友達同士で、“The dinner is on me.”と言えば、

「夕食は私のおごりです。」という意味にもなります。

 

では、「On the house」を使った会話を勉強しましょう。

 

A:    May I have my check, please.
    (お勘定お願いします。)

B:    The dinner is on the house, sir.
    (夕食はお店のサービスです、お客さん。)

---------------------------------------------------------------------

A:    Why do you always stop by Hawaiian Lounge on your way home?
    (なぜいつも家に帰る途中で、ハワイアン・ラウンジに立ち寄るの?)

B:    Because beer and snacks are on the house between 5:00 and 5:30pm.
    (なぜなら、午後5時と5時半の間、ビールとおつまみが無料なんだ。)

---------------------------------------------------------------------

A:    It was the owner’s birthday yesterday, so the soft drinks and popcorn were on the house before 7 o'clock.
    (きのうは、オーナーの誕生日で、7時前はソフトドリンクとポップコーンは無料だったんだ。)

B:    Oh, really?  I should have been there, too.
    (ほんとに? 私も行けばよかった。)

(2013年2月16日号掲載)

​