Tuesday, 18 June 2024

2ストライク?(2013.5.16)

 

 

sibuya top
 
shibuya_new3.jpg     渋谷 昌治

英語講師

1966年第11回高松宮杯全日本英語弁論大会優勝、早稲田大学主催全日本学生英語弁論大会優勝。1969年明治学院大学英文学部音声学科卒業。同年東京 アナウンスアカデミー卒業。
日本では、オールナイトニッポンのDJとして活躍。
1969年留学のため渡米。1974年よりサンディエゴに定住。
1976年 「ショージ英会話教室」を開校。


ご質問、ご連絡はこちらまで  
 
column line text932
 
2ストライク?
 
       

「You have 2 strikes against you.」という表現を文字通り訳すと、

「あなたは、あなたに対して2トライクをもらっている。」になり、

野球のゲームで言うと、もう1つストライクをもらうと、三振になりアウトになります。

 
その流れから、「have 2 strikes against」と言う表現は、熟語として「もう後がない」とか、「ピンチだ」とか、「もうだめだ」という意味で、アメリカの日常生活では、よく使われる表現です。
 

 

例えば、大学の先生が、不真面目な生徒に向かって、
 

You have hardly attended my class this term, and your test scores are very low.  You have 2 strikes against you in passing this course.
(君は、今学期、殆ど私のクラスに出席してないし、君のテストの点数は とても低い。このコースをパスするには、もう後がないよ。)
 

というふうに使えばいいのです。
 

 

では、「have 2 strike against」を使った会話を勉強しましょう
 

 

A: You are two months behind in your car payments.  Do you know what it means?
 あなたは、車の支払いが2か月も遅れています。それは、何を意味するかわかってますか?
 

 

B: It means I have 2 strikes against me in trying to keep my car, right?
 それは、私の車をキープしたくても、もう後がないということでしょ?
 

 

-------------------------------------------------------------------
 

A: Why does my scholarship application have 2 strikes against it?
 なぜ私の奨学金の申し込みがだめそうなのですか?
 

 

B: Because your grades are not high enough, and your attendance is not  perfect.
 なぜなら、あなたの成績が不十分なのと、出席も完璧ではないからです。

 

 

(2013年5月16日号掲載)

​