2024年 02月 29日

ハロウィーン (2014.10.16)

 

 

sibuya top
 
shibuya_new3.jpg     渋谷 昌治

英語講師

1966年第11回高松宮杯全日本英語弁論大会優勝、早稲田大学主催全日本学生英語弁論大会優勝。1969年明治学院大学英文学部音声学科卒業。同年東京 アナウンスアカデミー卒業。
日本では、オールナイトニッポンのDJとして活躍。
1969年留学のため渡米。1974年よりサンディエゴに定住。
1976年 「ショージ英会話教室」を開校。


ご質問、ご連絡はこちらまで  
 
column line text932
 

ハロウィーン

 
       

約2,000年前に、アイルランドのケルト人の間で発祥したとして知られるお祭りハロウィーン(Halloween)の語源はHallow Evening(聖なる晩)から来ています。

 

後にヨーロッパの移民によってアメリカに紹介され、今日、アメリカ人は、毎年10月31日に、いろんな服装を着て、ハロウィーンのお祝いをします。

 

ヨーロッパの人々は、この日に死んだ人の幽霊が帰って来ると信じていました。

 

そこで、人々は悪魔のような服装をして、幽霊を怖がらせて、追い払おうとしましたが、後に人々は、幽霊を信じなくなりました。

 

 

今日、アメリカでは、ハロウィーンは、子供たちの間で、最も人気のあるイベントです。

 

この日、子供たちは、いろんな服装を着て、「トリック・オア・トリート!」“Trick or treat!”(お菓子をくれないと、いたずらするぞ!)と叫んで、各家庭を回り、キャンディやクッキーをねだる習慣が残っています。

 

 

それでは、ハロウィーンに関係した英語の表現を勉強しましょう。

 

 

①The custom of Halloween was introduced to the United States by   

    immigrants from Europe.

(ハロウイーンの習慣は、ヨーロッパからの移民によって、アメリカに紹介された。)

 

 

②People in Europe believed that ghosts of dead people came back on  

    October 31.

(ヨーロッパの人々は、10月31日に死んだ人の幽霊が戻ってくると信じていた。)

 

 

③People dressed like devils, trying to scare the ghosts, but later they           

    did not believe in ghosts.

(人々は、幽霊を怖がらせようと、悪魔の様な衣装を着たが、後に幽霊を信じなくなった。)     

 

 

④Today, Halloween is a very popular event with children, and they wear masks and special costumes, going from house to house, shouting   “Trick or treat!” 

(今日、ハロウィーンは子供たちにとても人気がある催しで、子供たちは、マスクや特別の衣装を身に着けて、「トリック・オア・トリート!」と叫んで、家から家を回ります。)

 

 

 

(2014年10月16日号掲載)

​